実用:葉巻作法総論

シガー・フォア・レディース

葉巻を試してみたいと思う女性への提言

           

<妻の場合>

私の妻が「葉巻を試してみたいのだけど」と言い出した。彼女は私の葉巻好きには理解があるものの、キャンディーを与えられて喜ぶ子供を側で見ている母親と同じく自ら進んで手にすることは一度もなかった。妻の突然の求めに私は少なからず驚いたが、迷わずとっておきのダヴィドフを大小2本取り出した。
「ねぇ、これはちっちゃくて可愛いけど、こっちはちょっと大きすぎるんじゃぁない?」ダブル・コロナの、初めて見た人を圧倒せんばかりの長さと太さとを警戒してか早速「こっち」呼ばわりしている。
とにかく試してごらんと、カットと火の付け方を実演しながらコロナ、ダブル・コロナの順に手渡した。
「えっ?なんでこんなに味が違うの?ちっちゃい方はきつい、でも、これはまろやか」と「こっち」が「これ」に変化した。「うん、私はだんぜんこちらの方が好き!」と予想通り手放さなかったのは長くて太い方だった......
一時間をちょっと過ぎた頃、彼女の指に挟まれたダブル・コロナは元の大きさの4分の1に縮まり、美しいチャコール・グレーの灰、紫がかった煙と消えた。

最初の一本

もし、貴女が葉巻を試してみたいと思っているなら葉巻好きの夫やボーイ・フレンドに相談するのが手っ取り早い方法である。
しかし、周りに葉巻好きが見つからなければニュー・オータニのダヴィドフのように経験豊かな女性スタッフがいるシガー・ショップを尋ねれば親切なアドバイスが受けられるし、その方が良いかも知れない。
しかし、もし、最初の1本としてシガリロやプティ・コロナのような小型のものを勧められたなら......その時は、丁寧にお断りした方が良いだろう。妻の例を上げるまでもなく葉巻に関する限り最初の1本はダブル・コロナのように長くて太いものが良いと思うからである。これは葉巻に限ったことではないが、何事も最初が肝心である。

優雅に

葉巻には極めて男性的な嗜好品というイメージが強い。ともすれば退廃的でネガティブな印象をも与えることすらある。そこで、葉巻を楽しむ時には、動作のひとつひとつを普段の倍の時間をかけてゆっくりと行うと良いと思う。すると、その荒々しく男性的なものを軽やかに扱うことができれば、あたかもシガレットやキャンディーの類をあしらっているかのごとく見え、その様子を眺めている者の目には上品で優雅にすら映ってくるから不思議である。
それともう一つ、概して良質の葉巻の灰は固く折れにくいものだが、テーブル・クロスが洗いたてであるほど、床が磨かれているほど、また、服の値段が高ければ高いほど突如塊として落ちる確立が高くなる。そういったアクシデントを回避するためにも注意深くゆっくりとした動作を求められるのである。

<潔く>

葉巻は好きなだけ好きなように、というのが私の持論である。が、やはり、そこは時と場所柄を選ぶべきであろう。極めてプライベートな状況であれば、かつまた、旨いと感じているのであればヘッドぎりぎりまで吸っても構わないと思う。しかし、ディナーの後などは、どんなに旨いと感じても3分の1を残す......序盤から最高潮までのアロマを楽しみ、それから先は五感で得た葉巻の記憶を余韻として残すというのが美しい終わり方のように思える。
もし、自分に合わない葉巻であることを予感したら、例え最初の一口であったとしても、そのまま灰皿の上に捨て置けば良いだろう、例え誰が何と言おうとも。ただし、その葉巻の味に付いて批判的なことは口にしないように。なぜなら、貴女の口に合わなくとも他の人にとっては素晴らしいものであることは不思議でも何でもないことなのだから。

                        

                        

聖バンレンタイン・デー前のダヴィドフ・ブティック

昨年同様、バレンタイン・デー前のダヴィドフ・ブティックは大盛況だった。店そのものが広くないところに、日頃葉巻とは縁のなさそうな女性たちが葉巻好きの夫か恋人かボーイ・フレンドのために贈物の相談をしに殺到するものだから、バーゲン・セール会場さながらの混雑状態である。頼んでいた葉巻を受け取るだけだったのだが、スタッフ全員大忙しでなかなか手が空かない。目線は合うものの、申し訳なさそうな表情を浮かべながら女性客の対応に追われていた。
例えば、ある中年の女性はヒュミドールを選んでいたのだが、ご主人の影響か、スタッフと保湿能力や本数などについてのやりとりを行っていた。その隣の若い女性はシガー・カッターにするかパンチにするか、デザインと使い勝手の面についてあれこれ質問を繰り返していた。きっと、彼女たちのパートナーは大切に思われ愛されているのだろうなぁと、随分と待たされてはいたものの、その様子を見ているうちに微笑ましく暖かな気分になった。(2000/02/18記)