2004年03月08日

肉肉ブラザースプレゼンツ Part 4

cigar 050.jpg肉肉ブラザースが今回向かった先は東日本橋。ここに何があるかというと合鴨料理で有名な「あひ鴨鳥安」があるのです。ここは以前仕事場が近かったずこさんの行きつけで、数年前から話しには聞いていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。
このお店は創業明治5年で、歴史を感じる佇まいです。店内は全てお座敷で、個々のグループで一部屋あてがわれます。メニューは基本的に8,000円のコースのみで、前菜、お吸い物等が数品と鴨の鍋となります。鍋といっても、すき焼きや水炊きのようにダシを張った鍋で材料を煮るタイプではなく、厚い鉄鍋で鴨や野菜を単純に焼いてタレに付けて食べるタイプになります。お皿の上には鴨、脂身、つくね、ネギ、椎茸、ピーマン、春菊が綺麗に整列しています。

仲居さんが順番にこれらの材料を熱々になった鉄鍋に並べると、鍋からは食欲をそそる独特の脂臭がたち始めます。肉は少しレアの状態で、大根おろしの入った醤油ダレに付けて食べます。肉を一通り食べ終わるとピーマン、椎茸、長ネギが焼き上がっています。今回一番ビックリしたのが、肉も美味しいのですが、野菜達が美味いのです!鴨から出た脂を野菜が吸って何ともいえない香りと味のハーモニーをかもし出しています。最後に春菊を食べたのですが、これが一番鴨の脂と相性が良かったですね。〆にご飯と漬物が出てきます。このご飯につけダレの大根おろしをかけて食べるのですがこれまたいいです!最後の最後に私の提案で、目の前のお鍋でご飯を炒めてもらうことにしました。新たに鴨の脂を持ってきてもらい炒めること数分・・・ これまた最高ですね。同じように出来ないかもしれませんが、自宅でも試してみたいと思います。
食後に葉巻とも思ったのですが、場所柄ちょっと遠慮して最近みつけた新宿のバーへと移動しました。

2004年02月26日

赤帽倶楽部肉肉ブラザース+1 プレゼンツPart3

cigar 017.jpg先日ずこさんの記事で予告した通り、中目黒のジンギスカンのお店「まえだや」に行ってまいりました。今回のメンバーはずこさん、私 & Luisさんです。本当は言いだしっぺのmatchplayさんももちろん参加の予定でしたが、仕事が多忙のため泣く泣く欠席となりました。今回の主題は食事ではなく先日の記事にもあったHPの箱に入った葉巻の開封式が主なのです。しかしこのメンバーが集まれば食事も大事なため、先日私が紹介した西麻布の店でステーキというリクエストもありましたが、Luisさんの「ジンギスカンが食べた~い」の大声に押されジンギスカンに決定となりました。しかし東京で私達はあまりジンギスカンを食べたことがなく、困っていたところラトゥールさんから幾つかのお店を紹介していただき、今回の「まえだや」に決定しました。

このお店は開店当初から何回かチャレンジしたのですが何時も予約で満席だったため、私も今回初めてです。お店は中目黒駅から数分の住宅街の中にあり、あまり目立たない存在です。元々は絶対ラーメン屋という店構えですが、居心地は最高です。注文はザーサイ、キャベツ&ニンニク味噌、ラムネギ網焼き、ラムロース網焼き、ジンギスカンです。ラムネギ網焼きとラムロース網焼きは名前の通りラム肉の「焼肉」状態です。網焼きを食べ終えると真打の登場です。七輪の上に乗せられていた網が外され、ジンギスカンのドーム状の鉄鍋が置かれました。始めにラムの脂で鍋を少し湿らせ、野菜を載せていきます。次にラムを鍋の頂上にガンガン載せ火が通るのを待ちます。ラムが焼けている間に煙はモウモウ、我々はよだれがダラダラです。肉に火が通ると我々は無言のままガッツキ、瞬く間に全ての皿を空にしてしまいました。肉も美味かったのですが、ラムの脂身をカリカリに焼いたのが、肉と同じぐらい美味しかったのにはビックリでした。言うまでもなく食後の葉巻は最高でしたよ。

2004年02月18日

赤帽倶楽部肉肉ブラザース プレゼンツ Part 2

cigar 015.jpg赤帽倶楽部肉肉ブラザースことずこ&BIBがお届けする葉巻にあう料理を紹介する記事の第2弾です。今回紹介する料理は葉巻に合う料理の代表格「ステーキ」です。昨日我々が訪れたところは西麻布にあるお店です。ここは数年前、知人の紹介で訪れて以来ちょくちょく使っている場所です。お店の造りは基本的にラウンジ形式でレストランではありません。しかし、ここで出す料理は下手な本格的レストランより洗練されていて美味しいのです。ここの18番料理はお店の壁に鎮座する暖炉で焼くステーキです。

ここのステーキは巨大で3人ぐらいで食べるとちょうどいい大きさで、約500gはあると思います。我々の目の前でこの巨大ステーキを暖炉内に組んだ網の上でじっくり焼いていくのです。焼かれている間、香りや音が口の中の唾液を満たしていきます。焼きあがると幾つかに切られ我々の前に登場です。タレとして醤油とガーリックソースが添えられますが、基本的に必要ありません。下味の塩と胡椒で十分なのです。このステーキは基本的に霜降り肉ですが蒔きで焼くために余分な脂が落ちちょうどいい感じで仕上がります。霜降り肉によくありがちのしつこさは一切ありません。
もちろんこの500gほどあるステーキは瞬く間に我々肉肉ブラザースの胃の中に消えて行きました。

2004年01月19日

赤帽倶楽部肉肉ブラザース プレゼンツ

free 176.jpg赤帽倶楽部肉肉ブラザースことずこ&BIBがお届けする葉巻にあう料理の紹介です。
本日我々が訪れたお店は京成立石にある「鳥房」というお店。ここは表通りでクラシックな小さい鶏肉店を営んでいて、裏で鶏肉専門居酒屋を開いています。ここの売りは表のお店で揚げる鶏の半身唐揚げです。鶏を塩味だけでただ揚げただけですが、とてもジューシーで噛み応えがあるとても美味しい逸品です。このような料理をだすお店を他に知っていますが、ここは値段がとても安いのです。「鶏の唐揚げ時価」と壁の短冊に書いてあるのですが、お店のお姉さん方は我々が席に着くなり「今日は530円、580円、640円です」と告げてくれます。値段の違いは大きさだけです。最近地鶏ブームですが、ここの鶏は絶対に地鶏ではないことは確かですが美味い!ここの料理は唐揚げの他に鶏の南蛮漬け、鶏のぬた、鶏のポン酢刺し等、ほとんどが鶏料理だけと徹底しています。料金も500円ほどで盛りもいいです。この唐揚げがビールにとてもあってしまい、ついつい酒量が増えてしまうのが欠点です。ここのお店で葉巻を吸ってもかまわないのですが、ここ立石で落ち着いてアフターディナー葉巻ができる場所をまだ発見できていないのが残念です。