2004年01月25日

Habanos SA's brand pyramid in trouble?

MVC-005F.JPEGWith credit to Luis-san, today I lit up my first Trinidad Coloniales. On a full stomach after eating a fatty cheese fondue. Perfect smoking condition.
Five minutes into the cigar I got really confused. Something with Habanos SA's brand pyramid is wrong. Habanos SA lists he Trinidad brand in the top of their brand hierarchy. Then I knew what is confusing me: I reached for a Guantanamera Compay, machine-made, short filler, a brand at the very bottom of the brand pyramid. Same basic flavor profile.
To avoid any misunderstandings, I am not taking about taste and personal preferences. It's just about the basic flavor profile.
Granted, with the Trinidad every flavor is a little bit more sophisticated, a tad more rounded, less harsh, but the flavor profile is surprisingly similar to the Guantanamera.
The Trinidad, and I take the word from the maker, is pure Vuelta Abajo tobacco. The Guantanamera on the other hand is made with tobacco from the lower ranked Remedios region.
I go out on the edge here, but this would indicate that the Remedios region is picking up on the way more famous Abajo. Or Abajo is loosing it.
Either way, on the brand pyramid the two cigars should be worlds apart.

この記事は赤帽倶楽部談話室に投稿されたものをsa氏の許諾のもとに転載したものです。

投稿者 Matchplay : 23:38 | コメント (2) | トラックバック

2004年01月21日

From Hunters & Frankau

cigar 003.jpg去年Hunters & FrankauのHPを観覧していたら“The Cigar Smokers Club”というコーナーを発見しました。何の気なしに覗いてみると葉巻愛好家及び葉巻業者向けの会でした。倶楽部の活動内容はメンバー専用のウェブサイトの利用、新製品の情報提供、シガーディナーの開催、シガースクールの参加、ロンドンシガーツアーの主催等がありました。もちろん、シガーディナーやシガースクール等はロンドンベースの話しですから私には関係なく、主に興味があったのは専用ウェブサイトと新製品情報です。ウェブ内には葉巻情報コーナー、テースティングノート、チャットルームがあるそうです。あのHunters & Frankauですから情報関係は期待できます。この会にはイギリス在住の人しか入会できないのかと思いレジストレーションを調べてみると、外国人もOKでした。早速面白半分でレジストし、待つこと一ヶ月以上、今日挨拶の手紙と会員カードが到着しました。手紙を読むとサイトはまだオープンしていなく、今月末か来月ぐらいになるそうです。会員カードはクレジットカードサイズで会員ナンバーが刻印されています。何故か私のナンバーがあまりにも若い数字なのでビックリしてしまいました。今後サイトがオープンした後内容等をレポートします。