2008年09月21日

馳星周のリアル・シガー・ガイド

realcigarguide1.jpg

少し前の月刊プレイボーイに連載された記事が単行本「リアル・シガー・ガイド」になりました。
連載記事を読んだ方も、そうでない方も、何はともあれご一読ください。

ご購入はこちらから......

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (12) | トラックバック

2006年11月25日

Humidor最新号

3年ほど前にHumidor Vol. 4を「小冊子」と紹介しました。久しぶりに検索したところ、立派な雑誌の姿を発見しました。
発刊のペースは四半期毎の年4回、中味についてはご一読の上でご判断下さい。

humidor2006

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月05日

2006年10月31日午後5時のミュンヘン市庁舎広場と裏手の葉巻屋

三泊でミュンヘンとベルリンへ出張して来ました。

丁度ハロウィンの日の夕刻、機械仕掛けの時計を堪能しました。

立派な葉巻屋さんの前でバレル・オルガンを回しているおじさんを発見しました。


投稿者 Matchplay : 13:01 | コメント (3) | トラックバック

2006年10月08日

Gerber Mini FastDraw

GerberMini-FastDraw.jpg久しぶりの新着ナイフ情報。ここ数年、米国ナイフ業界ではAssisted Opening Systemというのが流行っているそうです。これは折り畳み式のナイフの刃を開くときにスプリングを使ったメカニズムが補助してくれるということなのですが、各メーカーそれぞれに工夫した機構をナイフに組み込んで鎬を削っているようです。
GERBER社も例外ではなく、オートマチック・ナイフのカスタム・メーカーとして有名なButch Vallotton氏の発明による機構、F.A.S.T.を全長5インチ程度のナイフに組み込んでいます。一見便利そうに見えますが、この5センチ程度の刃をわざわざスプリングの力を使って出す必要があるのかどうか......

*情報提供は時々思い出したように米国のナイフ事情を伝えてくれるGlacken氏

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月08日

七人の侍

seven_samurai.gif移動中に読んだ本、全く期待していなかったのですが、たまたま店先で手にとってパラパラめくった時に目に飛び込んできた「矢の発射から背中へ命中するまでワン・カットに収めた危険きわまるショット。」という解説に「神は細部に宿る」という言葉が頭の中に浮かび読むことにしました。
黒沢監督自身の「仕事への集中力」、黒沢組や映画会社に対するマネジメントに際しては「悪魔のように細心に、天使のように大胆に。」振舞うことによって神を細部に宿らせたのではないのか、と言うのが私なりの感想です。

投稿者 Matchplay : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月04日

Independence Cigar

これもTV CMです。



投稿者 Matchplay : 00:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月31日

THE 8th HABANO FESTIVAL

先頃開催されたThe 8th Habanos Festivalのニュース映像です。



投稿者 Matchplay : 00:01 | コメント (2) | トラックバック

2006年03月12日

ヒュミドールの準備 - 前編

葉巻はヒュミドールと呼ばれる専用の箱で保管します。そして、ヒュミドールは買ってそのままでは使えません。これは私流のやり方です。



投稿者 Matchplay : 00:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月03日

The Essense Of The Cuban Cigar part III

たばこの栽培の話です。


投稿者 Matchplay : 00:01 | コメント (1) | トラックバック

2006年02月26日

葉巻の火の点け方 - マッチ編

慣れが必要ですが、「葉巻はマッチで点けるに限る」という方も大勢いらっしゃいます。



投稿者 Matchplay : 00:01 | コメント (1) | トラックバック

2006年02月25日

Independence Xtreme Vanilla

TV CMですが......この手のコンテンツ、当サイト初公開(汗)



投稿者 Matchplay : 23:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月22日

Cigar Factory - 007 Die Another Day in 2002

数年来の疑問だったのですが、「古巴」は中国語でキューバのことでした。


投稿者 Matchplay : 00:11 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月11日

葉巻の火の点け方 - ターボライター編

何と言っても手っ取り早くて確実です。




投稿者 Matchplay : 00:24 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月10日

葉巻の製造 - ラッパーを巻く

バンチにラッパーを巻く様子です。


投稿者 Matchplay : 00:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月01日

The Essense Of The Cuban Cigar part II

ロバイナ家について語られています。


投稿者 Matchplay : 01:06 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月28日

R&Y Churchills - 007 World Is Not Enough in 1999

小道具として使われるのですが、これは何かの伏線? というのは考えすぎ??


投稿者 Matchplay : 00:18 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月26日

葉巻の製造 - バンチを作る

フィラーをバインダーで巻いてバンチを作る様子です。


投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月24日

Sir Roger Moore - 007 Live And Let Die in 1973

葉巻で命を救われる......


投稿者 Matchplay : 23:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月04日

戌年

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。


再三の障害で申し訳ないです......

投稿者 Matchplay : 22:20 | コメント (0) | トラックバック

The Essense Of The Cuban Cigar part I

キューバ国営タバコ製造会社、habanos s.a.の広報ビデオです。

年末にアップしましたが、障害発生のために掲載を中断しておりました。


投稿者 Matchplay : 01:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月18日

葉巻のヘッドカット - パンチ編

以前は、はさみよりパンチの方が好きでしたが......

<




投稿者 Matchplay : 00:12 | コメント (1) | トラックバック

葉巻のヘッドカット - はさみ編

百聞は一見にしかず、ということで。


投稿者 Matchplay : 00:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月17日

Orson Welles - 007 Casino Royale in 1967

最初に観た時、オーソン・ウェルズ氏とは知りませんでした......


投稿者 Matchplay : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月15日

Cigar Walk-in Humidor Project

非常に興味深いというか......羨ましい限りです。


記録はこちら
写真はこちら

投稿者 Matchplay : 00:22 | コメント (3) | トラックバック

2005年12月14日

Oliver Stone vs. Fidel Castro part III


投稿者 Matchplay : 02:05 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月12日

Oliver Stone vs. Fidel Castro part II


投稿者 Matchplay : 01:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月10日

Oliver Stone vs. Fidel Castro part I

数年前のインタビューのようです。



投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (2) | トラックバック

2005年01月07日

終戦のローレライ

larelei.jpg年末年始に読んだ本の第二弾は「終戦のローレライ」です。映画製作が進んでいるということですが、果たしてどんな作品に仕上がるのでしょうか......



投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月03日

長恨歌

長恨歌.jpg公私共に緊張感のある年末年始に読んだ一冊(苦笑) 読み応えありました。これは普段、自分が幸せであることを全く意識していないアナタにこそ読んでいただきたいお勧めの一冊です(笑)


投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (1) | トラックバック

2004年11月06日

水野晴郎シネマ館

cinemakan.JPG葉巻と直接関係ない話題が続いて恐縮ですが......

先日発見したDVDオマケ付きガム、カバヤのサイトで注文することができました。そして、先ほど届いていたことに気付きました。早速開封して見ると、この通り、ズラリ往年の名作(?)が10タイトル入っていました。半分以上は題名は知っていても見たことのない作品ばかりです。これらはどちらかと言えば岳父向きかも知れません。

更にそれぞれのパッケージを開けると中にガム1枚というか一片というか、どちらがオマケなのか分かりません(笑) でも何となく嬉しいです。しかし、それにしてもなぜこんなにも安いのでしょうか。そのままお蔵入りさせる位なら少しでも陽の目をみせたい、という映画会社の戦略でしょうか......

投稿者 Matchplay : 14:23 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月30日

315円で「キリマンジャロの雪」

kabaya02.jpg文庫本ではありません、DVDです!

仕事の打ち合わせのために小田原に行きました。待ち合わせ時間をつぶすべく書店に入りました。そして、レジカウンターを見て驚きました。ずっと探していた「キリマンジャロの雪」のDVDがあったのです! 

そして、値段を見てビックリ、500円なのです!! ところが本当に驚くことはまだありました。

この500円のDVD、他にどんなタイトルがあるのかインターネットで探したところ、何と315円のDVDがあるではありませんか?! 「キリマンジャロの雪」を含めて10タイトルもラインナップされているのです!!! 

このDVDの発売元は懐かしいお菓子メーカーのカバヤ、どうもガムのオマケのようです(笑)

投稿者 Matchplay : 23:06 | コメント (4) | トラックバック

2004年09月30日

STORAGE ROOM OR CELLAR FOR CIGARS

THE CONNOISSEUR'S BOOK OF CIGAR

zino_cigar_book.jpg

せっかくDavidoffが続いていますので、彼の本から引用します。
------------------------

STORAGE ROOM OR CELLAR FOR CIGARS

Every lover of cigars should possess a "humidor" in his home, a shelter where the cigars are well preserved and stored for several months before being smoked.
The principal place to store them is in a cellar. Is is there that the cigars "sleep." To be sure, the ideal is to have at your disposition a cellar where the humidity is maintained constantly within the right limits (between 60 and 67 degrees of humidity) and where the temperature stays constantly from 68 to 77 degrees. That you may find in an old house or you can install humidifire. But natural conditions are rare, very rare. Usually, in Europe and in other northen climates, the seasonal variations are so great that preservation becomes difficult and costly.

投稿者 Matchplay : 23:17 | コメント (1) | トラックバック

2004年08月31日

ハバナの男たち

havana.jpg「1953年早春。カリブ海に浮かぶキューバはバティスタ大統領の独裁下にあり、アメリカの大企業やマフィアが進出して親米政権下で法外な利益をむさぼっていた。不満渦巻く大衆のあいだでは、弁舌の才と強烈なカリスマを備え、共産主義による政権転覆を唱える若者が支持を集めつつあった。その男とは―フィデル・カストロ、26歳。アメリカCIA中枢は、喉元の脅威を取り除くべく、極秘にカストロ抹殺作戦を立案。そこで白羽の矢が立った人物とは、われらがスナイパー、アール・スワガーだった。」
ゴッドファーザー part IIはキューバ革命に巻き込まれるコルリオーネファミリーを描いていますが、この本は革命前夜のキューバでカストロ暗殺を目論む米国とカストロを指導者に育てるべく触手を伸ばすソ連の暗闘が主題です。あと、チョイ役でアーネスト・ヘミングウェイが登場するのもなかなか愉快でした。
そして、物語のいたるところで葉巻をふかす男たちが登場しますが、はっきり言って見事に葉巻のイメージを悪くしています(笑) 
また、視点を変えるとこの本は革命前のキューバの観光ガイドとしての役割も果たしているように思いました。

投稿者 Matchplay : 24:06 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月05日

ナニー|ディック作品集-ペイチェックより

0205_paycheck.jpg
全く葉巻とはカンケーない話ですが......早川文庫よりフィリップ・K・ディック氏の作品集「ペイチェック」がリリースされました。これは3月に公開される映画に合わせての刊行と思われます。目次を見るとお馴染みの短編が並んでいました。さて、どうしようかと思ったのですが、「ナニー」という見覚えのない題名が気になり買うことにしました。
主人公はナニーと呼ばれる家事ロボット、涙なくしては読めない哀しい物語です。粗筋は書きません。これは短編ですので下手な粗筋よりも実際に読んだ方が速いし、仮に私が粗筋を書いても私の能力ではこの物語の本質的な部分を伝えることができないと思うからです。たかがロボットの話なのですが、不覚にも目頭が熱くなりました。そして、自分の仕事を振り返ると、ますます救われませんでした......

投稿者 Matchplay : 00:55 | コメント (2) | トラックバック

2003年08月25日

Humidor Vol. 4

0825_humidor.jpgタイトルに相応しく内容は全て葉巻と葉巻に関連する記事で構成された40ページの冊子、価格は300円、初めて読みました。
発行はCCJ事務局、日本シガー愛好家協会(英語名:Cigar Connoisseurs Club of Japan)というところのようです。
早速、インターネットで調べて見ましたが、その協会の例会に参加したという記事、会長の馬場啓一氏の著書の紹介、そして、この冊子のバックナンバーを販売しているサイト程度の情報しか集まりませんでした。ちょっと残念です。

投稿者 Matchplay : 23:19 | コメント (0)