2006年11月28日

Nikon Mikron 6X15 IF - Made In Occupied Japan 1940's

1947(昭和22)年2月20日から1952(昭和27)年4月28日(サンフランシスコ平和条約発効日)までの約5年間、GHQによる占領下政策のひとつとして、日本から欧米に輸出する製品には「Made In Occupied Japan」と記すことが義務付けられていました。
それら輸出品の多くは陶器でしたが、時折「お宝鑑定団」に登場するような缶詰のブリキを加工して作られた玩具、セルロイドの人形、日用品から小物までいろいろあったそうです。これら日本経済の復興の一躍を担った製品群、現在では「OJ」、「MIOJ」あるいは「オキュパイド ジャパン アイテム」などと呼ばれ、欧米ではコレクションの対象になっているそうです。
1917年、日本光學(現ニコン)は光学兵器の国産化のために創業されましたが、創業28年目の1945年より民生用光学機器メーカーとしての新たな第一歩を踏み出すことになりました。それまで主に軍用として培った技術をもってカメラや双眼鏡を造り、Made In Occupied Japanの文字を刻み、外貨獲得のために海の向こうに旅立たせました。

6X15MIOJ04S.jpgNikon Mikron 6X16 IF MIOJ 01
Nikon Mikron 6X16 IF MIOJ 03Nikon Mikron 6X15 IF MIOJ 02

Nikon Mikron 6X15 IF MIOJ 05
さて、このモデルはMade In Occupied Japanの文字と6X15 IF仕様の製造時期から推定して1948年から1952年の間に製造されたものと思われます。つまり、モノが不足していた時代に製造され、少なくとも半世紀以上が経過していることになります。ところが、これはほぼ新品に近く、メッキの磨耗や錆などが見当たりません。それどころか、使われている素材の品質や仕上げの緻密さ、メカニズムの精度など、当時の完成度の高さを誇るだけでなく、現役としての役割を果たすだけのコンディションを保っていることに驚きです。そして、現行の復刻版よりもやや小ぶりですが、重量は165gと復刻版よりも35g重いことから、真鍮製のケースにクロムメッキを施したものだと推定されます。

左のプリズムケースの上に刻印されたニコンの旧ロゴマークはプリズムとレンズの組み合わせたもので、形が似ていることから「富士山マーク」と呼ばれることもあります。そして、この旧ロゴマークとMade In Occupied Japanの文字との組み合わせを見ると、本当に「富士山」という日本の象徴を背負って羽ばたったのだとの感慨をすら覚えます。

持ち主の友人によると、この双眼鏡は旅行先の米国でたまたま暇つぶしに入ったアンティークショップで偶然に見つけたもので、予想以上に安かったとのこと......こうして、また、ひとつ里帰りを果たしました。

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月26日

防湿庫と保湿庫

葉巻の保管のポイントは湿度を一定に保つことにありますが、それと同じようにギターや美術工芸品、カメラなども湿度を一定に保つ必要があるそうです。
葉巻の場合には摂氏20度で湿度65-70%が目安になりますが、ギターやバイオリンは50-60%、カメラなどは35-50%という具合に条件が異なります。そのために専用の保管庫が作られているようです。そして、目的に応じて「防湿庫」とか「保湿庫」とか呼び名が変わるだけでなく動作機構もかなり異なるようです。しかも、いずれも同じ日本国内のメーカーが製造しています。

wet_dry

......正直堂ドットコムを始めた当時、キャビネット型のヒュミドールを製造するメーカーを国内で見つけることは出来ませんでした。当時と比べると、それだけ葉巻がフツーのものになって来たのであるならば、こんなに喜ばしいことはありません。

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (4) | トラックバック

2006年11月25日

Humidor最新号

3年ほど前にHumidor Vol. 4を「小冊子」と紹介しました。久しぶりに検索したところ、立派な雑誌の姿を発見しました。
発刊のペースは四半期毎の年4回、中味についてはご一読の上でご判断下さい。

humidor2006

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月24日

Nikon Mikron 7X15 CF Champagne - 2001

ニコンは2001年4月に望遠鏡事業を分社化し、ニコン・ビジョンを設立しました。同年10月、この新色のモデルが発売されました。仕様諸元は現行版の黒いモデルと同じです。想像ですが、このモデルはニコン・ビジョン設立の記念という意味合いが含まれているように思います。ニュース・リリースには特に「限定版」とは書かれていませんが、「なお、この商品は、主にニコンオンラインショップにおいて販売をおこなう予定です(一部、眼鏡店等でも販売予定 )。」とありました。また「付属のケースは本革製」、そんな所にもこだわりを感じます。そのようないくつかの理由で、2000年に発売されたミレニアム記念限定版よりも貴重だと思います。

7X15cf2001017X15cf200102

女性にも似合う新色を追加 - ニコン双眼鏡 ミクロン 7×15 CF シャンパンロゼを10月6日発売

●「ミクロン」7x15 CF シャンパンロゼ

望遠鏡事業を独立分社化 - 株式会社ニコンビジョンを4月2日設立

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (2) | トラックバック

2006年11月23日

Nikon Mikron 2000 7X15 CF Limited Edition - 2000

1999年から2000年にかけて、「ミレニアム限定」という商品が続々と登場しました。それは光学機器の分野でも同じだったようで、ニコンはカメラのS-3とこのMikronに2000年記念モデルを設定しました。仕様諸元は現行版の黒いモデルと同じです。

7X15CF2000_017X15CF2000_02

2000年記念限定商品 - ニコン双眼鏡「ミクロン2000 7×15 CF」を3月25日発売

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月22日

岩石鉱物標本

これも仕事がらみで手元にあるもの、小学校の理科室の棚の中に、ところどころ中味が抜けた木箱を見た時のことを懐かしく思い出します。何十年もそのまま変わらないのでしょうか、箱の裏に貼られた紙にはそれぞれのサンプルの説明が「活版印刷」されています。枠線の歪み、文字の掠れ具合が何とも言えません。

鉱物岩石標本1鉱物岩石標本2鉱物岩石標本3

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月19日

Chef's Table @ 六本木ヒルズクラブ part II

印象に残る一皿です。

ハンガリー産フォワグラのグリエ、ビーツとレモンオイル

先ほどのフォアグラとこの料理の間に「北海道産キンキのプレゼ、手長海老とサフランリゾット添え、ブイヤベース仕立て」というのがありましたが、シャッターを切るのを忘れていました。

越後もち豚ヒレ肉のソテー オニオンフライ、アップルマッシュポテト添え マスタードソース

写真をクリックすると総料理長によるデザートの盛り付けの様子がビデオでご覧頂けます。

無花果の赤ワイン煮とバニラアイスクリーム、ミルフィーユと白桃のポーチにベリーのクーリを添えて

久しぶりのフルコース、デザートの後はバーに移動、私はPartagas Serie D #4を堪能しました。

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (1) | トラックバック

2006年11月18日

Chef's Table @ 六本木ヒルズクラブ part I

半年程前のことになりますが、友達が六本木ヒルズクラブのChef's Tableに招いてくれました。
文字通り、厨房の中にセッティングされたテーブルにつき、料理の出来上がり方を見ながらの食事会です。

厨房

料理がテーブルに供される度に総料理長のステファン・フーシェ氏が材料の生産地、調理方法や特に工夫したところなどを丁寧に解説してくれます。

サーモンとフェンネルのタルタール

この「フルーツトマトに詰めた蟹肉のマヨネーズ和え、アヴォガドソース」については、写真をクリックすると盛り付けの様子をビデオでご覧頂けます。

フルーツトマトに詰めた蟹肉のマヨネーズ和え、アヴォガドソース

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月09日

2006年11月1日午後5時30分のポツダム広場付近

打ち合わせ先は旧東ベルリン地区、そこから歩いて地下鉄の駅のあるポツダム広場へ向かう途中にドイツ連邦参議院の議事堂がありました。時刻は午後5時半頃です。ミュンヘンと違って気温は一気に摂氏5度前後、風が強いので体感温度は更に低下、こんなに寒いとは・・・・・・

bundesrat_s.JPG

ポツダム広場駅前、オブジェのように立っているのはベルリンの壁の一部。道路に埋め込まれたレンガはベルリンの壁の跡です。こんなに広い道路も寸断されていたのかと思うと......毎日壁を眺めながらの生活というのはどんなものだったのでしょうか。私なんぞには想像の及ばない異質の時間を感じました。
ホテルに戻るために地下鉄の駅で切符を買うまでは良かったのですが、ホテル方面行きの路線は工事中とのことで・・・・・・
wall_s.JPG

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月05日

2006年10月31日午後5時のミュンヘン市庁舎広場と裏手の葉巻屋

三泊でミュンヘンとベルリンへ出張して来ました。

丁度ハロウィンの日の夕刻、機械仕掛けの時計を堪能しました。

立派な葉巻屋さんの前でバレル・オルガンを回しているおじさんを発見しました。


投稿者 Matchplay : 13:01 | コメント (3) | トラックバック