2006年06月20日

Davidoff 100th Anniversary Diademas Finas

davidoff100th.jpg


今年1月に発売の予告がなされ、3月の記念イベントの折にいろいろなメディアに登場しましたが、なかなか現物に出会う機会がありませんでした。久しぶりに気になる葉巻です。


赤帽倶楽部 談話室より
--Comment------------------------------
Title: Re[2]: Davidoff 100th Anniversary Diademas Finas (5930RES) Name : サン.ルイ (nomail@xxx.xxx) Time : 2006/06/25(Sun) 01:01:27

 吸ってみました。 添えられていた資料によると、172ミリ×20ミリで一本¥4200。 10本入りボックスで日本割り当て500箱とのことです。 ちなみに「ディアデマス・フィナス」とは「小さな王冠」という意味とも。

 一本ではハッキリと断言できない(最低3本は吸ってから書かなくてはいけませんが…)のですが…いい感じの発酵臭に期待。 巻きはさすがで、堅めながらスムースな予感。 副流煙は薫り高く素晴らしい。 灰は相変わらず白めで、細雪と言いたいようなシルキーなもの。 太めゆえ、資料にも味はミディアムとありますが、結構ストロングです。 ただ、どうしても舌に酸味が残り、それがエグミを伴ってきます。 ハバナも多くはあるわけですが、真に上質なハバナにはないエグミがどうしても馴染めない…例えばキューバン・ダヴィドフのような。 正直ドミニカを避けている私には論評する資格がない。 それでもあえて言うなら、レギュラーものよりは満足できるが、4200円ならエスプレンディドースを吸いたい、と言う感じです。 やはりこれは本当の記念葉巻である「ディアデマス(232ミリ×22ミリ)」が真打ではないかと。 10年以上熟成された煙草葉を使用とのことですから…ただ…一本8000円…。
 亡くなられた師匠が仰っていた、今後10年20年経つとドミニカも面白い、という言葉を思い返させてくれた葉巻ではありました。 ブルーベルに感謝!!

----------------------------------END--

投稿者 Matchplay : 22:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月18日

Pet Bar

Pet Bar
それは横浜の元町、有名なブティックの正面入り口の右脇にありました。カフェの入り口脇にペット用の水の器が置かれていることがありますが、こんな凝った造りのものを見たのは初めてです。でもこのブティック、以前からこういう設備を用意していたのですね。
petbar.jpg


投稿者 Matchplay : 13:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月04日

鉛筆

「そう言えば、最近鉛筆って使ってないなぁ」と思い、世の鉛筆に関するアイテムをネットで検索。

すると、今更で恐縮ですが、Faber-CastellのPerfect Pencilなる物が。
早速、購入。

単なる鉛筆にキャップを付けただけなのだが、オタク心を擽る仕掛けが。
キャップの上部には鉛筆削りが内蔵されており、鉛筆の後ろのキャップを外すと、消しゴムが装備されている。

今まで携帯し難かった鉛筆が、何処でも不自由無く使える訳です。

perfectpencil.jpg

これは本当に良く出来ていますね。