2005年10月29日

RyJ Excellentes 1977 - cabinet of 50

RyJ_Excellentes.jpg
くまごろし(苦笑)

 キャビネットの蓋には、「Exclusive Importation for Robert Lewis St.James's Ltd.」。そして小さく 「HAND MADE IN HAVANA,CUBA」とあります。
 Robert Lewisって誰?と調べると、James J. Fox & Robert Lewis (19 St James's Street)だって。J.J.Foxがらみと言うか、ずばりFoxのために作られた葉巻ですね。
 Dunhill Selectionならぬ、Fox Selectionの葉巻です。概ね、ですが。
 サイズは166×38RG。Vitolaは「PAREJOS」でPartagas Serie du Connaisseur No.2と同じ。(実測はRG36じゃないかな?とも思うのですが、それを言うと分かんなくなるから。←笑)
 ともあれ、そんなパナテラな葉巻です。

 で、ともかく喫味はどうなんだ?、と。
 実は私、熊の前日にこのExcllentesを持って行こうかなと、試しに喫ってみたんですよ。
 それがこのぉ、空きっ腹で寝起きに喫ったと思いねぇ。半分喫ってデイジーあんどワンダリングですよ。倒れましたね、きっちりと。
 これは「非常に面白い」(←何が?)と。熊が予想外にこってりしてたら非常にいいなと思い、持参しました。熊さん、さっぱりしてたけど、場の勢いで数人に試して頂きました。知っていたから、私は遠慮しました(嘘です←笑)。
 RyJとして強い葉巻と言うより、葉巻として筋肉質というか、タバコ度の高い葉巻というか、なにせキッツイです(苦笑)。いろいろな「御託」が無いと単に粗造品じゃないか?と思う荒っぽさです。ロメオらしさが隠されていてよく分かりません。四半世紀経ってこの強さ。後、5年~10年は待ちたいと。

 Cohiba Coronasに次ぐ、「殺しの葉巻」の登場です。RyJ Exellentesには、ずばり「くまごろし」と言う名称を与えましょう。
 たぶん2次会のアブサンと一緒に喫ったら、耳切り落としてたかも知れません(苦笑)。

 70年代後半~80年代前半、キューバは何を考えていたのだろう?/Cusano

2005年10月25日

Cuban Davidoff 1000

DF_1000_Box.jpg

 何故か一番出てこなかったDavidoff 1000。紙箱5本パッケージは以前入手していて、「まぁこれで」と思っていましたが、やっぱりSLB!(苦笑)とゲットしました。
 ボックスコードはOSN-VC-1。
 Vitolaはズバリ「Panetelas」。最近の葉巻だと同じVitolaはRafael GonzalezのPanetelasぐらいで後は絶滅種なのだな、ふむふむ、と。ってラファゴンのPanetelasを喫った事が無い事実に気が付きました。なんかパナテラ、パナテラ言ってる割には実際のVitolaの「Panetelas」、喫った事が無かったとは・・・。盲点でした(多いなぁ)。

 テイストはもちろんキューバ時代のDavidoff!。他のミーユ系の葉巻より小さい分、アロマが濃く、こなれたニコチンのうるわしさったら!。
 以前やったAmbassadriceの方がパンチがある気もしますが、より太い分フワッとした煙で葉巻をやってるなぁという、「喫いごたえ」があります。あぁ、美味しい・・・。
 しかし、美味い分、これじゃ喫い足りない。Ambassadriceならまぁシガリトサイズだからと諦めもつくのですが、微妙な、実に微妙なサイズです。
 私はシガリトサイズの葉巻も嫌いではありません。細長いパナテラも美しい喫味だと思っています。が、始めて喫うVitolaに戸惑いが・・・いったいどういった、シチュエーションが合うんだろう(笑)。逆に独自性を持ったVitolaであり、たまに喫る方とかは「これでなきゃだめ」という事もあり得るサイズかとも感じますが。

 この「時間感覚」なら3000が吉か?ってか、やっぱオーブリオンだな(苦笑)/Cusano

2005年10月23日

Cuban Davidoff No.2(CS50)

Davidof_N2_50.jpg

 No.2の50入れ。以前投降したシガリトサイズのAmbassadrice同様、シダーの薄い板にくるまれています。
 ちなみに「白本」には写真未掲載(ニヤリ)。
 箱の裏面には購入者が押したと思われる12.83のスタンプ。83年の時点でCS50は存在したみたいですね。
 写真で見るとAmbassadriceにしか見えないのですが・・・違いますよ(苦笑)。立派な(?)No.2です。

 しかし、実に「梱包形態が一等有り難い」という、微妙な葉巻を購入してしまったもんだなぁ・・・と。
 眺めつつ小一時間は非常にテンションが上がりましたが、これは果たして、いつ何時喫るのか??。崩した瞬間に寂寥感におそわれる予感がします(苦笑)。

 たぶんメチャメチャ旨いに違いない(苦笑)/Cusano

2005年10月12日

パッケージデザイン

cigar 204.jpg

何ヶ月前からでしょうかタバコのパッケージが変わりましたよね。欧米並みに健康に関しての警告文が大きくなりました。しかしこの文章のスペースがあまりにも大きすぎてオリジナルのデザインを犯しています。この「Peace」は有名な工業デザイナーRaymond Loewy の作品です。彼はラッキーストライクやシェル石油のロゴをデザインしています。これほど完成されたデザインのバランスを崩されるのは残念です。