2005年06月22日

Rial Vegas Robaina

cigar 190.jpg

先日bukishouninさんから頂いた葉巻です。
2002年物のこの葉巻、何故Rial Vegas Robainaかというとラッパー、バインダー、フィラーと全てロバイナ農園産でローラーもロバイナ農園の方だそうです。
外観を見ると最近見たこと無いほどスムーズで、ラッパーの継ぎ目が分かりません。ラッパー自体にも葉脈も無く素晴らしいです。
吸い込みも問題なく着火。中盤に来ても味はかなり軽め、しかしコクはしっかりあります。やはり味が軽いため辛味が目立つが決していなや辛味ではないです。全体的にかなり上品ですがしっかりボディーはあります。
吸い終えた感想・・・こりゃ美味いわ!です。

2005年06月18日

La Casa Del Habanos

cigar 187.jpg

今日表参道に出来たLa Casa Del Habanosに行ってきました。
感想は「あ~あ」です。
以上!
ご興味のある方はサイトを覗いてみてください。
La Casa Del Habanos

2005年06月13日

未確認情報

cigar 185.jpg

この工事現場が東京のカーサ・デル・ハバノスになるらしい。
場所は港区某所のビル2階。

※携帯からの画像なので不鮮明なところをお許しください。

2005年06月12日

ホヨ・デ・モントレー ショートロブスト

cigar 181.jpg

いつも葉巻を買うところでたまたまSD#4が品切れしていて、たまには違う物をと思い最近発売されたホヨのショートロブストを買うことにした。このごろ年のせいか、ロブストですら一気に吸いきる自身が無くなってきたので丁度いいサイズがでたと思っていたところだ。昨晩開封してみるとキャビネットタイプの箱に入り黄色いリボンでひとまとめにされている。この手のサイズが最近流行りなのかダビドフでも発売したらしい。しかしこのビトラは何ともいえないアンバランスな姿をしている。そういえば先日五反田の野村タバコでこれよりもっとアンバランスな姿をしている葉巻を発見したので近いうちに記事にする予定。
一本取り出して着火してみると流石ロブストサイズの口径だけあり煙の量は十分入ってくる。しかし短いだけあって顔に煙がやけにまとわりつく。味的には自分にとって十分なコクを感じられるが、少し必要以上に辛味も感じられる。香りに関しては独特なアロマを感じることは出来ないが、必要十分かと・・・。これは短い時間にガツンと吸いたい人にはいい葉巻かと思う。
そういえば先日久しぶりにシガークラブに行き店長と話しをしていたら、このショートロブストが一番人気だそうだ。

2005年06月11日

郊外のタバコ屋さんパート2

cigar 172.jpg

郊外のタバコ屋さんレポート第2弾
前回も書きましたが私は営業エリアの関係で毎日埼玉県を走り回っています。自動車で1日6時間1人で移動していると、車内での葉巻を吸う機会も必然的に増えます。家から葉巻を持っていけばいいのですが、忘れるときもあり時々現地調達になります。そこで便利にしているお店の1つが新所沢駅前にある「京垓」さん。店内はそれほど大きくはありませんが、パイプと葉巻関連の商品が充実しています。普通、郊外のお店なら紙巻たばこが主流で葉巻やパイプは隅に追いやられているのが実情です。しかしここは、紙巻たばこよりパイプと葉巻の方が目立つお店です。お話を聞くとご主人はパイプがお好きでお仲間とよく店の隅にあるテーブルセットでパイプを燻らせているそうです。私はここでいつもカマチョを一本買い残りの営業活動に発進するのです。

cigar 176.jpg

2005年06月06日

スタバの使い方

cigar 170.jpg

スタバは良く使うが難点はやはり店内「禁煙」でしょ。店舗によっては店先に椅子が置いてあり灰皿もあるが、真冬真夏、雨の日はやはり辛い。タリーズには喫煙エリアがありますがガラスで隔離されていて環境は最悪。しかし最近発見したのだが広尾のスタバ!ここの2階には半屋外のテラス席があるのです。ここなら天候にあまり左右されずに思いっきり葉巻が吸えます。お試しあれ。

2005年06月04日

ジャンクな味

cigar 166.jpg

先週の週末天気もいいので散歩しに恵比寿まで出かけて参りました。
目的の場所を数ヶ所回り喉が渇きました。恵比寿の北側にアイリッシュパブがあるのを思い出し向かってみるとまだ4時台なのに開いています。中を覗くと結構お客さんで賑わっているではないですか。早速カウンターでキルケニーを注文し、小腹も空いていたのでおつまみのメニューをの見るとあまり魅力的なものがなくビールだけにすることにしました。ふとカウンターの端を見るとポテトチップスの小袋が売っています。イギリスのものらしくユニオンジャックがデザインされており、数種類のフレーバーがありました。その中で「ソルト&ビネガー」という物に何故か引かれ1つ買うことに。フィッシュ&チップスにモルトビネガーをかけて食べるのが流儀のイギリスだからこそのフレーバーなのでしょうか。キルケニーをちびちびなりながらこのチップスをつまんでいくと特別美味しいわけではないのですが、気がつくと袋は空。お酢は何故か喉を乾かす作用があり自然にビールも進んでしまいます。パブの術中にはまったかと気がついたのはキルケニーを2杯飲み終えた後でした。