2005年02月21日

コーチマン・パラシュート

coachman.jpg

引き続き引っ越しのために荷物をチェック中にもかかわらず、受験勉強にとりかかる前に部屋の掃除を始めたところ昔の雑誌が出てきて思わず読み耽ってしまっている状態(苦笑) 現実逃避にはフライを巻くのが一番!

そこで、今日は主に孔雀の羽根をボディに使うコーチマンというフライを1本作ってみました。フック(釣針)に対して垂直に立っているものがパラシュートと呼ばれるものです。

このパラシュートは視認性にも優れているので、流れの早い渓流に最適ということです。これを左右対称に仕上げるのがなかなか至難の技なのですが、まぁ、なんとか出来ました。



投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (2) | トラックバック

2005年02月20日

恩賜葉巻 part II

imperial_coronas.jpg

ずっと前に紹介したことのある葉巻を再び入手する機会に恵まれました。

味も印象も何もかもすっかり忘れてしまっていたので、早速に火を点けようかと思ったのですが、思うところあって踏みとどまりました。テイスティング・レポートはいずれそのうちに。

投稿者 Matchplay : 14:53 | コメント (2) | トラックバック

2005年02月19日

アロハな葉巻

alohacigar.jpg

Royal Hawaiian Cigar、お土産で頂いたものです。Tubed on Maui For Freshness、Kona Coffee Flavor、In the Aloha Spirit of the Hawaiian 'Islands'、Hand Packed in Maui, Hawaii、Natural leaf Imported Tobacosとも書かれています。

喫ってみたいような、そうでないような......

投稿者 Matchplay : 23:59 | コメント (3) | トラックバック

2005年02月11日

マラブーで作ったフライ

全く葉巻と関係ない話なのですが......

fly.jpgこの5年間で5度目の引越しのために部屋を片付け始めています。引越しの片付けの度に見つけては捨てる決心が付かないままに次の新居に運ぶものが多数あります。例えばフライフィッシングの道具のうち、折れたロッドや錆だらけのリール類は前々回の引越しの時に処分したのですが、フライを作る材料と道具類は未だに付いて回っています。

そして、今日、前回由比ガ浜に引っ越した時に見つけて以来、ずっとダンボール箱にしまったままだったフライを作る道具(フライ・タイイング・ツールと言います)を発見しました。そこで、今日はお天気も良いので(?)主にマラブーを使ってフライを一本作って見ました。マラブーというのはフライを作る材料の名前で、本当はアフリカ産のコウノトリの一種らしいですが、実際に手に入るのは七面烏の羽毛をさまざまに染めたものです。私は自分が見て美しいフライが好きなので、つい、このようなオレンジとかの派手な色のマテリアルを使いますが、本当は魚が興味をひかなければ意味がないのですが(笑)

投稿者 Matchplay : 00:19 | コメント (4) | トラックバック

2005年02月05日

H. Upmann tubed Churchills

Upmann_tubed_Churchills.jpg

Cusanoさん、続報を待ってます!

投稿者 Matchplay : 11:17 | コメント (2) | トラックバック

2005年02月03日

Ferrari 3400

Ferrari3400.jpg

昨年の秋に発売されたノートPCです。メーカーはFerrariのスポンサーということ。果たして性能はというと、まぁ、フツーのノートPCということです。しかし、Ferrariのロゴをまとったマウス、それなりのチューニングが施されているならば抜群のスピード感ということかも知れません(苦笑)

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (3) | トラックバック

2005年02月02日

Hoyo De Monterrey Particulares

Hoyo_Particulares.jpg

写真上は00年のEL Particulares。

Box CodeはPEL SEP02。
真の復活か。はたまた、Edition Limitadaの亜種か?。

とりあえず、喫ってみます/Cusano

Ramon Allones Belicosos

Ramon_Belicosos.jpg

EMS保証の紙なんか入っていて、すっかり英国使用。
VitolaはCampanas。Box CodeはGKI JUL04。
しかし、Ramonのバンドに「トルピード」って格好いいなぁ(しみじみ)。

先日、喫ってみました。
うーん・・・立ち上がり、「ドレスボックスのRamon」の味です(苦笑)。
紙っぽく、アロマの線が細い。煙は多いんですがね。
後半は喫味に厚みが出てきて香ばしく、Ramonらしいフルーティーさと相まって良好。
しかし本当にLuisさんの仰る通り

このシェイプがお好きな人には堪らないRamonとなる事でしょう。
しかるに、RamonのCoronasCS50、同じくSSのCS50を体験してしまった後では・・・。

いやいや、十二分に満足ですよ/Cusano