2005年01月30日

絵葉書

postcard.jpg
以前に勤めていた会社の同僚が旅先から送ってくれたもの。とても嬉しく、気持ちが暖かくなりました。


投稿者 Matchplay : 00:48 | コメント (2) | トラックバック

2005年01月29日

Ramonn Allones Dunhill Selection No.70

ramon_allones_dunhill.jpg

Luisさんのコレクション、テイスティングレポートはこちらから。

投稿者 Matchplay : 21:15 | コメント (0) | トラックバック

El Rey Del Mund Petit Coronas

elreydelmund_choix.jpg

新年会の折、サン・ルイさんからの頂き物、確か1997年製造だったような......

投稿者 Matchplay : 11:57 | コメント (2) | トラックバック

2005年01月28日

Ramon Allones Coronas part II

ramon_allones.jpg

CusanoコレクションとLuisコレクションの比較、バンドや箱の状態の違いに注目。

投稿者 Matchplay : 23:42 | コメント (1) | トラックバック

2005年01月27日

The night of Ramonn Allones

2005_shinnenkai.JPG

今年の新年会、1月27日の夜に消費された葉巻、Cubatobaco時代のCohiba Robustos、Ramon Allones Private Stock、Ramonn Allones Dunhill Selection No.70、Ramonn Allones 80's(らしい?)、El Rey Del Mund Choix Supremeなど......飲み物にいたっては、もう何がなんだか(笑)

投稿者 Matchplay : 23:12 | コメント (3) | トラックバック

2005年01月22日

Humidity Beads

P1010048_405x304.jpg

この冬、普段吸いの葉巻を保管しているクーラーボックス内の湿度が安定せず(今期からエアコンで温度調節をはじめたためだと思うのですが)、ああでもないこうでもないと頭を悩ませていたのですが、米国のサイトでこれを見つけ、発注しました。
ケミカルなものだと思うのですが、1ポンドに付き、5立方フィートの空間の湿度を65パーセントに保つと謳っています。湿度が高い時期にはそのままで、湿度が低い時には25ミリリットルの精製水を加えて使います。
4つのクーラーボックスに投入して1週間、湿度計は見事に65%を表示しております。
イケるかも。しかし、効力が保たれる期間はどれぐらいなんだろう?

Ramon Allones Private Stock(1981?)

Ramon_PS50.jpg

 Vitolaは不明ですが、忘年会で喫って頂いた、Private Stock No.1と同サイズ、158mm×41RGです。
 名称に「No1」とは付いていませんが、同じ葉巻のキャビネット50だと推測されます。

 「白本」ではPrivate Stockのパッケージの形状は「SPB with cell」のみ。そして以前、お話ししたように、白黒のバンド付きの葉巻だけ、となっておりますが、これはCS50。
 血圧が上がりますね(苦笑)。

 しかし年代について、こちらは1981年と販売されていたのですが、Ramon AllonesのPrivate Stockは70年代に製造が終わったとされています。別掲のRamon Corona 1961と年代が間違って記載され、販売されていたのではないかと睨んでいますが・・・如何なものか。
 因みに忘年会にお持ちしたPrivate Stock No.1は60年代のものです。

 次回の新年会はこれが登場します。各々方、ご期待下さい。

2005年01月21日

Ramon Allones coronas (1961?)

Ramon_Coronas1.jpg

 ラッパーの色艶申し分なし。
 Bofetonの裏にもRamonの紹介文なんかあったりして、年代を感じさせます。
 ただ、これはグリーンボックス。うーむ、引っかかります。「白本」によりますと、Ramon Allonesのドレスボックスのパッケージの色がゴールドからグリーンになったのは1970との事。
 1961年という証拠は箱にはありません。
 クリスティーズで落とした時のふれこみ、または販売時の間違い?だと思います。
 これも新年会に持参します。

 皆様に試して頂いて、61年(Coronas)と81年(Private Stock)、「年代が逆やんか!」と看破して頂きたい(苦笑)。

Edition Limitada 2004 2種

EL2004_2.jpg

今年(昨年)こそは購入するのは止めようと考えていた、Edicion Limitada 2004。
 ついつい、というかシガーショップ新規開拓の折り、間違って(嘘)購入してしまいました。

PARTAGAS SERIE D No 1(50, 6 2/3)
 吸い始めより、ブランド不明のもったりした甘く、ダークなアロマ。
 若くぎこちなく、喫っていてなんか不安。
 中盤よりやっと霧が少し晴れてきて、キューバの葉巻を喫っているのだな、と感じる。
 そしてPartagas・・・なのかな?・・と。いや、ELのパルタガス!。そう、テイストは2000年より保持している「ELパルタガスのアロマ」。
 後半に入って初期ELに感じられた、独特の固さが強くなり・・・くぅうっ。

Romeo Y Julieta Hermosos No 2(6 1/8、48RG)
 穏やかなブレンド。落ち着いて喫れると言えばそういった葉巻。
 ロメオかと聞かれると・・・腰抜けアロマのロメオ。
 やや不自然な甘さ。ロメオのウッディさが無い。
 ただ煙の柔らかさ、滑らかさとアロマのバランスは好印象です。
 トータルでは、私の考えているロメオのアロマに薄甘いオブラートを掛けてマイルドにした印象です。発酵感もあるにはあるが・・・ハバナっぽいく無い(苦笑)。
 でも最後までテイストが破綻しなくて良かった(ホッ)。
 こちらはまぁまぁですが・・・。

 好き嫌いはこの際考えない。
 ただHabanosはどうやらELのブレンドを確立しつつあるように思えました。つまりPartagasのELはこういった方向で、RomeoのELはこんなブレンドにしようといった、意志の下、「レギュラーとは違ったブレンド」で、とELのブレンドの方向性が定まってきたような。
 よって、元のブランド・イメージで吸うと明らかに「違うテイスト」と言う事ですね。面影は若干残してあるとは思いますが・・・。
 今後出るHoyoがどうなるか?。はたまた美味かったMontecristo Cを考えると、他のブランドはどういったテイストで出てくるかに興味があります。

 って、言うか今までのEL、何がどうだったか名前とか、記憶がぁ(苦笑)/Cusano

 追伸:でもピラミデはともかく、03のDC、04のSUBLIMESを考えると、COHIBAだけはCOHIBAブランドのテイストを保持している様な気もしますが。

2005年01月13日

Vegas Robina Robaina

robina_robaina.jpg

投稿者 Matchplay : 23:44 | コメント (1) | トラックバック

2005年01月09日

チャーチル100本入ヒュミドール

しかもリングにチャーチルの肖像が入ってます。


churchill.jpg


しかし、許可無し販売??

2005年01月07日

終戦のローレライ

larelei.jpg年末年始に読んだ本の第二弾は「終戦のローレライ」です。映画製作が進んでいるということですが、果たしてどんな作品に仕上がるのでしょうか......



投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月05日

H. Upmann Noellas 80's

upmann_noellas.jpg

これもまた昨年の忘年会の際のCusanoさんからの頂き物......コメントをお願い致します。

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (1) | トラックバック

2005年01月04日

Partagas Coronas - Christie's

partagas_coronas.jpg

まだまだ続く昨年の赤帽倶楽部忘年会での頂き物、これはずこさんから頂戴した年代物のPartagas Coronasです。これにもコメントをお願いします。

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (2) | トラックバック

2005年01月03日

長恨歌

長恨歌.jpg公私共に緊張感のある年末年始に読んだ一冊(苦笑) 読み応えありました。これは普段、自分が幸せであることを全く意識していないアナタにこそ読んでいただきたいお勧めの一冊です(笑)


投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (1) | トラックバック

2005年01月01日

H. Upmann Cristales 60's

upmann_cristales.jpg

昨年の赤帽倶楽部忘年会の頂き物、Cusanoコレクションの逸品のひとつ......みなさま、感想をお願いします。

遅ればせながら、本年も宜しくお願い致します。

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0) | トラックバック