2003年12月31日

リニューアル

本年もご訪問頂きありがとうございました。

さて、折に触れサイト更新の利便性の良いシステムを探しています。例えば日記でもニュースでもトップに掲載でき、後は自動的にカテゴリー訳をしてくれるシステムが欲しかったのです。そのために由比ガ浜日記ではa-siteというシステムを利用することにしました。これは日記としては非常に便利なシステムでしたが、日記をそのままコラムとしてまとめるのが難しくメンテナンスが大変でした。一方で2000年頃からblogあるいはweblogと呼ばれるシステムが存在することを知りましたが、システムの日本語化や設置そのものに手間がかかるということでしばらく様子を見ることにしました。そして、最近になってこのblogのレンタル・サービスが日本でも始まったということを知りました。そこで具体的なシステムの選定と導入の検討を始めることにしました。
いろいろ考えた結果、MovableTypeに決めました。このシステムに慣れるまでにかなりの時間を要しましたが、未だに使いこなすには至っていません(笑)
しかし、そんなことを言っているといつまでたってもリニューアルできるとも思えず、年末年始休暇を使ってリニューアルすることにしました。お気付きだと思いますが、このblogは記事に直接コメントを追加したり、他のサイトからリンクのトラック・バックを受けたりと、言ってみれば高機能掲示板のようなシステムだと思います。現状、コメント追加のみ開放していますが、近い将来は正直堂ドットコムに登録を済ませた方に限り自分でトピックスをトップページに掲載できるようにしたいと考えています。
ということで、来年も宜しくお願い致します。

投稿者 Matchplay : 00:00 | コメント (0)

2003年12月30日

お歳暮はCohiba

1230_cohiba_s.jpg
もちろん特別誂えの手ぬぐい、シールやスタンプ類も共にこのために特注、送り主自ら梱包して発送......ここまでやるとは......(笑)

投稿者 Matchplay : 11:38 | コメント (1) | トラックバック

2003年12月29日

葉巻の殿堂

1229_display_humidor_1.jpg
ヒュミドールは何個かありますが、考えてみれば中が見えるのはこれだけです。そこで、せっかく頂いた葉巻、喫って味わうだけでなく火を点けるまでその時まで眼も楽しませたいと思い稼動させることにしました。いくつかの葉巻は「葉巻の殿堂」で紹介していますが、文字通り殿堂入りを果たしたということです(笑)

投稿者 Matchplay : 11:48 | コメント (0) | トラックバック

2003年12月26日

赤帽倶楽部忘年会


1226_bonenkai.jpg
言い出しっぺにもかかわらず、一次会に間に合いませんでした(涙目)......みなさん、ゴメンナサイ! しかし、飛び入り参加表明があったので席をキャンセルする必要はありませんでした(安堵) 二次会に駆けつけると既に盛り上がっていました。納会でのお酒が効いていたせいか、こちらも盛り上がっていました。酔っ払っていたせいかCusanoさんから頂いたMontecristo Dunhill Seleccion #3は「強いなぁ」ということしか覚えていません。

Luisさんに「キューバを舞台にして何か書け!」としきりに怒鳴っていたような気がします......Luisさん、ゴメンナサイ!

Bukishoninさんから「当たり前の顔」をして何本もの葉巻を頂きましたが、それらの葉巻を改めて見てその凄さに驚きました.....Bukishoninさん、ゴメンナサイ!

Cuban Davidoff Chateau Mouton RothschildとCohiba Siglo Iの入ったCuban Davidoff Chateau Mouton Rothschildの紙パックまで持って帰っていました! Cusanoさん、ゴメンナサイ!

ずこさんからの電話、気付きませんでした......ずこさん、ゴメンナサイ!

BIBさんと電話で話した時、お歳暮のお礼を言うのを忘れてしまいました......BIBさん、ゴメンナサイ!

サン・ルイさんに「家まで送れ!」と強要したように思います......サン・ルイさん、ゴメンナサイ!

あぁ、今年を締めくくる忘年会、私はどうなってしまっていたのでしょうか......

投稿者 Matchplay : 23:59 | コメント (0)

2003年12月25日

銀座


1225_davidoff.jpg

取引先にご接待して頂きました。他の席はカップルばかりでした(苦笑) 例年通り電通通り付近はガラガラでした。Davidoffブティックのイルミネーションがきれいでした。

投稿者 Matchplay : 23:59 | コメント (0)

2003年12月22日

Trinidad Reyes

1222_trinidad_reyes.jpg
おはようございます。
先ほどマックスたちとの散歩から戻りました。今朝はTrinidad Reyesを持って行きました。目覚めのカフェ・ラテ代わりとなりました。改めてこれは素晴らしい葉巻だと思いました。

投稿者 Matchplay : 19:02 | コメント (0) | トラックバック

2003年12月19日

Cuaba Divinos

1219_cuaba_divinos.jpg
三年半ぶりに喫ってみました。すっかり忘れていた葉巻でしたが、これは良いと思いました。前に書いた記事を読み返しても悪い印象ではありませんでした。青臭さがヨモギ黄粉のような風味に変わったようです。時間の経過と共に塩茹で落花生の後味が加わりました。不思議ですが悪くありません。脂肪分の多い食事を欲しない感じが新鮮ですらあります。一時期、Cuabaは化けるとの風説がありましたが、直ぐにでもMillenniumを再評価したいと思いました。

投稿者 Matchplay : 22:08 | コメント (0) | トラックバック

2003年12月18日

湿度インディケータ

1218_indicator.jpg
またまた湿度計モノです。これは色の変化で湿度の状態を示す湿度センサーを吸湿紙の上に印刷してある物です。表示湿度以上に上昇した場合、青色から徐々にラベンダー色になり、やがてピンク色に変化します。 ピンクまたはラベンダーの色に近くになっていれば、そのスポットを越えた湿度になっていることを示しています。湿度の状態が見やすく薄く作られているのでトラベル・ヒュミドールの蓋の裏側に貼って使うのに便利です。

投稿者 Matchplay : 22:13 | コメント (0)

2003年12月17日

Davidoff Millennium III Perfecto Corona

1217_davidoff_millennium_corona.jpg
年末だからという訳ではありませんが、週末にシガー・セラーを整理したところ全く別の箱の中から出て来ました。残り物に福ありという気分です(笑) お天気も悪くなかったので昼休みに側の公園で一服することにしました。やはりこの葉巻は美しいだけでなく旨いです。何といっても強くてしっかりとした味わい、年代物のバーボンのように口当たりは柔らかいのですがノドにズッシリとした衝撃が走ります。私はDavidoffに青っぽいエグ味を感じることがありますが、それが旨く料理されているというか、葱の苦味が熱を加えることで旨味に変わるような、そんな印象を受けました。名残惜しいですが、これで一巻の終わりです(笑)

投稿者 Matchplay : 23:13 | コメント (0) | トラックバック

2003年12月15日

ワイヤレス温湿度計

1215_wireless.jpgひょんなことから米国の測候器具専門のサイトに行き当たりました。そこにはいろいろと興味深い製品が並んでいるのですが、その中にワイヤレスのデジタル温湿度計を見つけました。この温湿度計は表示部とセンサー部に分かれているのではなく、どちらも温湿度を表示をするだけでなく片方をセンサーとして組み合わせて使用できるスグレもののようです。例えばセンサー部をヒュミドールの中に設置しておけば中の温度と湿度を知ることができるという訳です。ということはいちいち蓋や扉を開ける必要がない訳ですから、開けた時の外気の影響を受けず中の状態を性格に把握できるというメリットも追加されます。しかもセンサー部は最大3個まで追加できるということですので、複数のヒュミドールでも使えるといことです。お値段も表示部とセンサー部のセットで50ドルを切っているようですので魅力的ではあります。では精度の方はと言えば、どこにも表記がありませんでした(笑) がしかし、イマドキのデジタル製品で±5%以上ということはないと思いますが。

投稿者 Matchplay : 22:20 | コメント (0)

2003年12月14日

リフォームでセラー

1214_cellar.jpg11月中旬に始まったリフォーム、最終段階を迎えています。基本的には妻の祖母と大叔母さんの介護のための設計です。
結果、家全体に手が加わることになりました。そして、今回のリフォームで一番感動したのは祖母の部屋の床暖房でもなく、ゆったりとしたトイレでもなく、キッチン脇の食料品庫の外観、特に扉の造りでした。
部屋の隅のスペースを活かすために食料品庫の扉部分は角を切り落としたように斜めにされ、既製品の扉は大きすぎて合わないために大工さんの手作りとなったのだそうです。
こんな感じでリビング・ルームあるいは書斎の隅にウォークイン・ヒュミドールを造ることができれば......と思うのは私だけでしょうか?

投稿者 Matchplay : 23:24 | コメント (0) | トラックバック

2003年12月13日

Partagas Serie D#4 1989 from Gerard

1213_partagas_d4.jpg8月のオフ会の折に赤帽倶楽部のずこさんから頂いたものです。他のメンバーのみなさんから絶賛された葉巻にもかかわらず、私はずっと眺めるばかりでしたが、とうとうヘッドをカットする日を迎えました。全天雲ひとつなく晴れ渡った空、風もなく穏やかな土曜日、これ以上この葉巻を試すにふさわしい日はないと確信した私は散歩へ行くために腰にウンチ袋入れを下げました。そして、シガー・セラーから取り出したのがこの葉巻、Partagas Serie D#4 1989 from Gerardです。全体にうっすらとブルームが出来た葉脈の少ない濃いマックス色のロブスト、思わず見とれてしまいました。ミニーの散歩の催促で我に返った私はこの見事な葉巻を腰のウンチ袋入れに突っ込み、逸る心を抑えながらミニーと一緒に由比ガ浜へ出張りました。
果たしてカッターを使うかパンチにするか? 濃厚な味わいを更に凝縮するためにパンチを使用することにしました。そして、点火、風がないのできれいに火が回ります。先端が白くなったところで一口......むぅーん、これは素晴らしい! 最初から予想通りのピスタチオの風味です。そして、若干の琥珀の香り、これも予想通り。予想外の変化の感動とは異なる予想通りの感動とでも言うのでしょうか。頭の中に勝手に組み立てられているシナリオ通りに、というよりも頭の中に閃く期待通りの風味を味わわせてくれるということの方が正しいのかも知れません。驚かされることはありませんが、驚かされないことに驚かされたというか......これじゃぁ訳が分かりませんね。あるいは名人芸とでも言うのでしょうか、何ら不安を感じることなく最初から最後までタップリと楽しませて頂いた、まぁ、とにかくそういうことです(笑)

投稿者 Matchplay : 19:27 | コメント (0) | トラックバック

2003年12月12日

La Grolia Cubana Medaille d'or #2

1212_gloria_cubana_2.jpg赤帽倶楽部談話室にLuisさんの投稿がありました。いつもならさっさと自分のストックから取り出すのですが、私の記憶によればそのストックの中のものは余り良い印象ではありませんでした。そのために躊躇いがありました。しかし、私の頭の中に落ちた「旨い」の一言は徐々に大きな波紋として広がって行き、その誘惑に負けついに手を伸ばすことになりました。そして、誘惑に負けて良かったと思いました。私のストックしていたLa Grolia Cubana Medaille d'or #2は数年を経て化けてくれていたからです。とは言え、葉巻の熟成Pinot Noir説があるために今は良くてもこの先どうなるかは分かりません。このままの旨さが持続されることを願うばかりです。

投稿者 Matchplay : 23:42 | コメント (0) | トラックバック

2003年12月10日

Davidoff Round Cigar Cutter

1210_davidoff_round.jpg打ち合わせの約束の時間まで余裕があったのでセルリアン・タワーのACANTAへ立ち寄りました。そこで見たのがこのカッターです。三種類のサイズ異なる円形ブレードを金属製の円形のケースに収めたラウンド・カッターは以前からありましたが、サファイア・ガラスを使ったものを見たのは始めてです。以前のデザインには興味が持てませんでしたが、トランスペアレントとなれば話は別(笑) 非常に美しいと思いました。これだと切れ味も良さそうに思えるから不思議です。しかし、お値段の方が......

投稿者 Matchplay : 23:37 | コメント (0)

2003年12月09日

グリッド・コンピューティング

1209_grid_computing.jpgSun Microsystems社のサイトによれば「グリッド・コンピューティングは、地球上のあちこちにあるコンピュータ・リソースを高速ネット回線でつなげて、もっと便利に、もっと上手に活用するインフラストラクチャ。ビジネスを、暮らしを、もっともっとわくわくさせる可能性に満ちています。」ということです。具体的には......確か米国の天文観測関係者が彗星の軌道計算を行うためにコンピュータの空き時間を貸してくれプロジェクトがあったと思いますが、これなどはグリッド・コンピューティングの応用事例のひとつだと思います。
この「地球上のあちこちにあるコンピュータ・リソースを高速ネット回線でつなげて」というのはインターネット接続が一般家庭でも普及し始めている今でこそそんなに特別なことのようには感じませんが、数年前までは夢のまた夢物語だったように思います。実用化に向けては、セキュリティなどいくもの壁を突破する必要がありますが、とてもワクワクする事柄のひとつです。

投稿者 Matchplay : 23:54 | コメント (0)

2003年12月05日

Webカメラ

1205_camera.jpg各地のライブ映像を眺めているうちにマックスたちの日常を見てみたいという好奇心が湧いて来ました。そこでNetMeetingをするために買ったもののめったに出番のなかったカメラを引っ張り出して繋いで見ました。驚いたことに撮影からwebサーバーへの転送まで自動的にやってくれるツールがフリーウェアとして入手できました。ということで手持ちのものとタダのもので初期投資ゼロ(笑) 早速試してみたいと思います。

投稿者 Matchplay : 23:51 | コメント (0)

2003年12月04日

ウォークイン・ヒュミドールの造り方

1204_door.jpg久しぶりに相談のメールを頂きました。大井町の自宅に作ったウォークイン・ヒュミドール、うちではもっぱら「シガー・セラー」と呼んでいました。これもいろいろドタバタしましたが、今となっては非常に楽しく有意義な経験でした。
その断片は湿度王への道:新たなる旅立ちとして記録を残しています。しかし、これでは分かり難いので近日中に詳細を公開する予定です。

投稿者 Matchplay : 23:54 | コメント (1) | トラックバック

2003年12月03日

My First Shot by P505iS

1203_mel.jpg今朝の散歩中に撮りました。予想以上にきれいに撮れることを知りました。

投稿者 Matchplay : 22:57 | コメント (0)

2003年12月02日

P505iS

1202_p505is.jpg昨日の午前11時から地上デジタル放送が始まったとうニュースを見てテクノロジーが日常生活にどんどん浸透しているなぁと感じています。かく言う私は昨日やっとカメラ付きの携帯電話を手に入れました。正確には仕事で最新型の携帯電話を使う必要性が高くなったために二年ぶりに携帯電話を新しい機種に交換したというところです。今時はカメラなしのものを探す方が大変です。個人的には「しゃべれれば良い派」だったのですが、この由比ガ浜日記に掲載する写真を撮ることを考えると、カメラ付きの方が便利のように思えるようになってきました。普段から外出する時には携帯電話を持ち歩いています。もちろん、散歩の時もです。ところが今朝の散歩にもデジカメを持って行きました。更に通勤途中で「あっ!デジカメを忘れてきた!」ということを思い出し少し慌ててしまいました。昨日手に入れたばかりのカメラ付きの携帯電話をポケットに入れていたにもかかわらず、です。こんなことでは先が思いやられますね(笑)

投稿者 Matchplay : 23:00 | コメント (0)