2003年08月26日

カストロとヘミングウェイの接点

0826_castro.jpg意外なことにフィデル・カストロとアーネスト・ヘミングウェイの二人が実際に会ったのはヘミングウェイの名前が冠された釣大会、1960年5月15日のHemingway Fishing Competitionが最初で最後、二人が一緒に写っている写真もその釣大会の時に撮られたものだけだそうです。ちなみに、フィデル・カストロはこの釣大会で個人優勝を果たしました。
さて、この二人には釣大会以外に思わぬ接点がありました。まず、フィデル・カストロは彼のゲリラ戦について「誰がために鐘は鳴る」に影響を受けたことを1984年2月6日のインタビューで示唆しています。彼は学生時代にゲリラ戦について、すでに彼なりのイメージを持っていたそうです。そして、この「誰がために鐘は鳴る」はそのイメージをより具体的なものとしただけでなく、実際の体験によってより親しみ深い本になったようです。
「誰がために鐘は鳴る」は、アーネスト・ヘミングウェイ自身の第二次世界大戦下のスペイン内乱の経験をもとにを書かれたということですが、彼は戦地に赴いて、取材活動だけでなく実際に銃を取ったという説があります。
そして、この説の真偽を別の角度から判断するひとつの材料があります。それは、驚くべきことに、1942年春頃から終戦にかけて、アーネスト・ヘミングウェイが彼の持ち船であるピラール号に乗り組み、カリブ海キューバ沿岸においてドイツ潜水艦探索作戦に従事したという記録が残っているということです。この南の海で潜水艦狩りというミスマッチでロマンチックなこのアイデアはヘミングウェイのものであり、その計画は「ドイツ潜水艦を発見して捕獲し、乗組員を捕虜にし、可能であれば暗号表を押収する。」というものだったそうです。しかし、多くの人たちからは馬鹿げた計画だときめつけられたようです。

0826_map.jpg
ところが、実際には、この潜水艦狩りはアメリカ合衆国海軍軍令部によって「極秘」扱いされるほどに重要な任務として取り扱われました。そして、ヘミングウェイ自身もこの作戦を極秘扱いとし、限られた仲間たちと海で遊んでいるように見せかけていたようです。当時キューバ海軍で対潜哨戒艇に乗り組み、実際にUボートを沈没させた経験を持つデルガート大尉によれば、彼の乗った船は同海域でしばしばピラール号に出会ったようです。そして、彼は晩年のインタビューで「(ヘミングウェイは)キューバ沖の潜水艦を遊び半分に探しまわっていたプレイボーイさ」と語っています。この言葉が裏付けるように、ヘミングウェイたちのその偽装は上手くいったのかもしれません。しかし、残念なことに肝心の潜水艦探索作戦そのものは失敗だったようです。この作戦によって捕獲されたUボートは一隻もありませんでした......
共にキューバを愛して止まない稀代の革命家とノーベル賞作家、一人は主に銃を手に、もう一人は主にペンによって、それぞれが得意とする武器でファシストとの戦いに明け暮れたのだ、という印象を持ちました。

投稿者 Matchplay : 23:07 | コメント (0)

2003年08月25日

Humidor Vol. 4

0825_humidor.jpgタイトルに相応しく内容は全て葉巻と葉巻に関連する記事で構成された40ページの冊子、価格は300円、初めて読みました。
発行はCCJ事務局、日本シガー愛好家協会(英語名:Cigar Connoisseurs Club of Japan)というところのようです。
早速、インターネットで調べて見ましたが、その協会の例会に参加したという記事、会長の馬場啓一氏の著書の紹介、そして、この冊子のバックナンバーを販売しているサイト程度の情報しか集まりませんでした。ちょっと残念です。

投稿者 Matchplay : 23:19 | コメント (0)

2003年08月23日

AVO 22

0823_avo_22_wooden_box.gif2年前の2001年3月にAvo Uvezian氏の生誕75周年を記念した限定版AVO 75th Anniversaryが販売されました。そして、つい先頃、今度は77歳の誕生日を記念してAvo 77とAvo 22という二種類の葉巻が限定販売されました。
この限定版の名前に付けられた77は年齢を表しているようですが、22という数字は彼のラッキーナンバーなのだそうです......まず、生年月日が1926年3月22日、故郷のレバノンを旅立ったのが22日、ニューヨークに到着したのも22日だそうです。その後、彼はそのニューヨークでピアノと作曲を学び、新たな人生をスタートさせることになりました。
さて、肝心の葉巻の方ですが......
The special wrapper leaf for the AVO 22 is "sun-grown" in Ecuador and fermented in the Dominican Republic. To complement this tobacco blend, the elegantly proportioned Perfecto format was chosen. In the richly textured smoke of the AVO 22 mingle various finely balanced aromas. The AVO 22 is presented in an attractive wooden box containing a bundle of 22 cigars tied with a jute band. Each box bears a numbered label documenting the manufacture of this premium cigar – from the rollers on to quality control. This absolutely unique edition is limited to 2 000 cigar boxes.
ということです......とは言え、我らが特別顧問によれば「この度、品揃え豊富なシガーショップに登場した2種のドミニカ産葉巻。稀少価値であるリミテット版と言っても、味は普通の美味しさ。」ということでした。

0823_avo_22_shape.jpgさてさて、このAvo 22には二種類のVitolaが存在していて、太目のものは合衆国向け、細めのものがアジア・ヨーロッパ向けということになっています......限定版をさらにセグメンテーションするとは......少しサービス過剰のように思います(笑)
それはさておき、葉巻の形状のみならず、ジュートで束ねたものをざっくりと作った木の筒に納めるというプレゼンテーションには心動かされます(笑)

投稿者 Matchplay : 22:25 | コメント (0) | トラックバック

2003年08月21日

El Rey Del Mundo Tainos

0821_elrey.jpg昨日、渋谷での打ち合わせを終えた後、次の訪問先での約束の時間まで間が空いたために五反田行きの電車に乗りました。
昨日は少し気温が上がっていたのですが、野村たばこ店ではウォークイン・ヒュミドール以外のエアコンのスイッチは切られていました。とは言え、ドアは広く開け放たれているために時折通り抜ける風が心地よいくらいでした。
さて、今日の一本はペタンクに持って行った葉巻と工場も製造年月日も同じですが、別の箱から取り出したものでした。火を点じると、我らが特別顧問は直ぐに気付かれたようでした。特別顧問のサイトの記事にしたい、ということで葉巻を持った手の先だけ写真に撮られました(笑)
非常に不思議なことに、葉巻を喫っている本人が感じる香りと周りの人が感じる香りは全く別のような気がします。そして、この葉巻は喫うのも良いのですが、他の人が喫っている側にいて香りを楽しむ、それだけでも十分に満足できる葉巻のひとつだと思います。

投稿者 Matchplay : 23:29 | コメント (0)

2003年08月20日

Dominican Davidoffは熟成するのか?

0820_davidoff_20th_asia.jpg私のDavidoffは熟成してませんでした......
先週末の日曜日、1999年にニュー・オータニで購入したDavidoff Grand Cru #4を取り出しました。黄色くなったセロハンを外すと、真っ白だったシガー・バンドもうっすらとベージュ色に変わり、これは味の方も期待できる!と思い火を点けました。ところがところが、まるで夏大根をかじったように、最初から辛いばかり、香りも何もあったものではありませんでした。
きっと、細く短い葉巻だったからに違いないと気を取り直し、同じ頃に購入したDavidoff Grand Cru #2を試しました。ところがところが、夏大根のような辛味はありませんでしたが、香りが感じられないところはDavidoff Grand Cru #4と同じです。
そこで、20th Annivasario Asiaも試したところ......これはGrand Cru #4の味に変わっていました(笑)
ある意味で非常に乱暴ですが、Dominican Davidoffは白ワインのようなものという表現をされた方がいらっしゃいましたが、本当にそうだと思いました。
私だけが知らなかったことかも知れませんが、Dominican Davidoffは出来立てのものに限る、ということのようですね。

投稿者 Matchplay : 23:52 | コメント (1) | トラックバック

2003年08月18日

キューバの葉巻に魅かれる理由

0818_siglo-vi.jpg私にはキューバ産の葉巻以外に好きな葉巻が沢山あります。そして、私はキューバ産よりも旨い葉巻があることを知っています。それは単にキューバ産の葉巻にもヒドイものがあるということではなく、私の好みに合わないものもあるという意味です。
しかし、それでもなおキューバの葉巻に魅かれるのはなぜでしょうか?
ちょっとこじつけのように思えるかもしれませんが......私がキューバの葉巻に魅かれる理由としてアーネスト・ヘミングウェイ作品とのかかわりを無視することはできません。
私は子供の頃に読んだ「老人と海」に代表されるヘミングウェイ作品を通して初めてキューバという国があることを知りました。その後、南の島であること、砂糖の産地であること、キューバ革命のことを知り、カストロという名前を聞き、ミサイル危機のことやゲバラという名前を聞き、最後にタバコの産地であることを知りました。
それ以降、革命前のキューバ政府はアメリカのマフィアと近かったということをゴッドファーザーを通して、キューバらしい国の軍事基地を破壊する007を映画で観るくらいで、大人になるまで全く縁がなかったと言っても良いかも知れません......例外がひとつ、ラム酒のコカ・コーラ割りは好きで、良く飲んでいました(笑)
考えてみれば、キューバについての情報を意識的に積極的に集めるようになったのは葉巻を喫うようになってからです。そして、これまでに無意識のうちにキューバについてのいろいろな情報が長期間に渡って少しずつ蓄積されていたこと、これが葉巻をきっかけに顕在化したキューバに対する興味をより強くしているのではないかと思います。

投稿者 Matchplay : 23:35 | コメント (0)

2003年08月13日

Partagas 150th Signature Series AA

0813_partagas150th.jpg今日は曇り、そこで、お昼に海の家のラーメンを食べにマックスたちと散歩に行きました。
いつものFREEDOM VILLAGEで豚骨ラーメンを食べた後にこの葉巻を喫うことにしました。なぜ、この葉巻を選んだかと言うと、数日前に赤帽倶楽部談話室に投稿があり、それに刺激されたからかも知れません(笑)
製造から8年、そして、製造時点で18年もの熟成期間を置いたラッパーで巻かれたこの葉巻は7 1/2×49と大型ですが、非常に穏やかに強さを増しながらもエグ味を感じさせることなく最後まで喫いきることができました。非常に美味しかったです。

投稿者 Matchplay : 22:52 | コメント (0)

2003年08月05日

Counterfeit改めCopycat

0805_cohiba_glass_top.jpgキューバ産葉巻の贋物はキューバ革命以前から存在していたのだそうです。
数年前から私もそれら贋物や贋物の写真を入手する機会があり、入手したものは正直堂で公開しています。
銘柄としての知名度と贋物のバリエーションの多さで代表的なものはCOHIBAでしょうか。
以前は贋物と言えばキューバ産葉巻に限られていたようですが、この2-3年の間に主に米国内で流通している銘柄も贋物に脅かされているようです。例えばFuente Fuente Opus Xシリーズはその代表かも知れません。
贋物が存在することで不名誉なイメージを受けますが、見方によっては人気のバロメーターと言えなくもないでしょう。なぜなら、贋物は、有名銘柄の固有の品質や希少性などさまざまの要素から醸成された「伝説」がなければ存在しえない時代の徒花だと思うからです。
何事も最初は模倣から始まるという考え方があります。模倣から始まることそのものは決して悪いことではありません。しかし、その後、少しずつ創意工夫して独創性を高め独自の付加価値を高めることができなければ贋物とかモノマネとか剽窃とか、そういった批判を甘んじて受けざるを得ないのだと思います。

追伸:
だからって、ガラスの蓋は贋物のオリジナルだぞ、というのは違うと思いますけど(笑)

投稿者 Matchplay : 22:55 | コメント (0)

2003年08月03日

久しぶりのペタンク

0803_people.jpg前回のオフ会で誰が言い出すともなく、ペタンクの話が出ました。そこで、急遽、特別顧問を担ぎ出し、呼びかけ頂くことになりました。
ペタンクで集まるのは本当に久しぶりのことです。
今回、特別顧問は奥様と愛犬同伴、ZUKOさんは愛嬢同伴、水戸のご老公ことCusanoさんは奥様同伴での参加でした。
BIBさんとサン・ルイさんと私は単独で......私の方も最初は一家総出の予定でしたが、妻もマックスたちもそれぞれに急用があるということで、私一人での参加となりました。
......それにしても、みなさん、こういう集まりとなると、実にフットワークが良いようで(笑)

0803_roppongi.jpg場所
最近何かと話題に上る六本木の大きなビルの見える処に集合しました。

0803_bottles.jpg飲物
特に事前に打ち合わせた訳ではありませんが、各自いろいろ持ち寄った結果......ハッキリ言って、今回も全部を飲むと確実に二日酔いになるというか、特に水戸のご老公が持ち込まれたワインとシャンパンの量も質もハンパではありませんでした(笑)
また、ZUKOさん持参の年代物の白ワイン、甘味が強く葉巻にピッタリでした。

0803_foods.jpg食物
自称「料理人に文句を言うために料理をやっている」BIBさんの自家製ペースト類、実に素晴らしい出来栄えでした。
これだけでも笑顔の回数を増やすことに大いに貢献したのではないかと思います。

0803_cigars.jpg葉巻
こちらの数もハンパではありません! キューバ産あり、ホンジュラス産あり、発売間もない新作あり、ビンテージありとバラエティに富んでいます。
ビンテージと言えば1989年製造のPartagas Serie D#4があったような、なかったような......また、談話室で話題になったSaint Luis Reyの白いチューブ入りも登場しました。
私はと言えば、秘蔵?の1999年2月製造のEl Rey Del Mundo Tainosを持って行きました。
そして、おもむろに火を付けた特別顧問、最初の一口で「今年喫った葉巻の中で一番美味しいかも知れない!」と大絶賛! matchplay@正直堂主人としての面目を施しました(笑)

0803_mojito.jpgMojito
今回のスペシャル、とっておきのとっておき!
晴れた空の下、緑の木陰のテーブルの上で、手際よく作られてゆく特製Mojito、見ているだけでミントの香りが口の中に広がって行くようです。
これが旨くないハズがありません(笑)
BIBさんは優れた料理人であると同時に素晴らしいプレゼンテーターであることを改めて思い出すことになりました。

0803_balls.jpgゲームの行方?
さぁ、一体どうなったのでしょうか......最初から最後まで、飲んで食べて喫って......確か、特別顧問と水戸のご老公の奥様のチームが勝ったというのはかろうじて記憶に残っているのですが......私と言えば、鉄球を握った記憶がまるでないのです(笑)

投稿者 Matchplay : 23:23 | コメント (0)

2003年08月01日

H. UPMANN@LARK

0801_upmann.jpg曇って涼しかったのと、このところお天気が悪く満足に散歩ができずにストレスが溜まり気味のマックスたちにせがまれたのとで、散歩に行きました。
波打ち際を歩いている途中、急に晴れてきました。真夏の日差しのために、どんどん暑くなってきました。
そこで、折り返し地点の滑川から戻る途中にLARK FREEDOM VILLAGEで一休みすることにしました。ここにはFM横浜の特設スタジオがあります。そして、テーブルに着いた時、丁度SHONAN KING CATCH OF SUMMERの放送の真っ最中でした。
そこで、そのライブを聞きながらウンチ袋に入っていたチューブ入りのH. UPMANN CORONAS MAJORで一服することにしました。マックスたちはお店の方が用意してくれた氷入りの飲み水で喉を潤し、テーブルの影でしばしの休息を楽しんだようです。
でも、とにかく暑かったです!

投稿者 Matchplay : 23:01 | コメント (0)