2006年10月30日

Nikon Mikron 復刻版 - 1990's

Mikronブランドの現行機種は二種類、シルバーは1997年に復刻版として、つや消しのブラックは1998年に新色として発売されました。第二次世界大戦前に作られたモデルには艶のあるラッカーで黒塗りされたものもあったそうです。それにしても色の違いだけで全く異なった印象になるものですね。

Mikron Silver and Black 01Mikron Silver and Black 02

さて、この二つのモデル、見かけの色だけでなく倍率などの仕様諸元も異なっています。その仕様諸元は、右側のプリズムケースの上に、シルバーは「6X15 8°」、ブラックは「7X15 7°」とそれぞれ刻み込まれています。

Mikron SilverMikron Black

ところで、Mikronを最初に見た時に何となく違和感を感じることがありました。少し後になってようやく気付いたのですが、それは眼に付くネジの全てがマイナスネジということにありました。現代ではプラスネジやへクス、トルクスなど、特に精密機器にはネジ山の潰れ難いものを使うのが「常識」だと思っていました。しかし、古いものだけでなく現在販売されているMikronにも未だにマイナスネジが使われています。例えば黒く塗られた直径2ミリほどのマイナスネジのネジ山を傷付けることなく緩めて、再び元に戻す、これには相当な熟練の技が必要です。少なくとも私にはできません。これもメーカーの「こだわり」ということでしょうか。
また、どちらのモデルも真鍮ではなくアルミを使うことで軽量化が図られています。アイカップの材質もプラスチックからゴムに変わっていますが、1960年代に製造されたものよりも5-10g程度重量が増えています。とは言うものの、この大きさと重量で最短合焦距離が2mということですから、博物館や美術館などへ行くときにポケットの中に入れて持ち歩いても嵩張らず邪魔にならずということですね。
ただし、小型軽量でレンズも小口径(15mm)、アイレリーフも短く10mm前後であるために、眼を接眼レンズにできるだけ近付けて、しっかり固定しないと手振れの影響で直ぐに観る対象を見失ってしまいます。これにはちょっとしたコツが必要ですが、慣れないうちは、両手の親指と中指で保持し、脇を締め、人差し指で眉毛の辺りを触れるように構えると良い、というのは一連の情報提供者である友人からの受け売りです。遠くを眺める時に両手をかざすと、人差し指が眉の辺りに来ますが、丁度そんな感じです。

歴史的"名機"のデザインを継承したモデル - ニコン双眼鏡「ミクロン 6×15 CF」を10月10日発売

双眼鏡「ミクロン」にブラックボディの倍率 7×モデル - ニコン双眼鏡「ミクロン 7×15 CF ブラック」を9月26日発売

ところで、この復刻版の2機種、1998年度のグッド・デザイン賞を受賞しています。

投稿者 Matchplay : 2006年10月30日 00:00 | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?