2005年07月22日

Chateau Laguiole Signed by "Serge Dubs"

sommelier_dubs.jpg

フックにMatchplayと刻印されたソムリエ・ナイフを頂きました。このソムリエ・ナイフは1989年の世界ソムリエ・コンクールの優勝者であるセルジュ・デュブ氏のシグネチャ・モデルです。スクリューの根本部分のみChateau Laguioleのグラン・クリュと同型ですが、ハンドルからフォイル・カッターの付け根まで木製となっています。ハンドルにはローズウッドが使用され、スクリューの根元にはセルジュ・デュブ氏の故郷のアルザス地方のシンボルのコウノトリが刻印されています。
何と言ってもMatchplayという刻印が気に入りました。しばらくは飛行機に乗ることもないので、カバンに入れて持ち歩こうと思います(笑)
ちなみに、1989年は、1986年や1990年と並んで葡萄の豊作の年だったそうです。そのために、ボルドー史上最高?とも言われているそうで、沢山の良質のワインが誕生と熟成が期待されているようです。

投稿者 Matchplay : 2005年07月22日 00:15 | トラックバック
コメント

 ライオールの普通の赤よりももっと鮮やかな赤をお願いできるか、また予算はいくらかなど、ちょっと確認してみます。   蜂(蝿)のマークになにか工夫が欲しいですね!!   スモーキングキャップなんかいいと思うのですが、果たしてそこまでしてもらえるかどうか、ですが。

Posted by: サン.ルイ : 2005年07月24日 04:28

作りましょう!!
シガーカッター付きのやつ。

Posted by: Luis : 2005年07月23日 11:16

 四国は海外なので、セキュリティは厳しいはずなのですが…というのも遠い昔、今は橋が三本も出来たので、北海道や九州よりも都会?( 私、小学校の時に瀬戸大橋の模型を作りました。そのころは夢のような話でしたが。)   宇高連絡線の船上でで食べる讃岐うどんはおいしかったなぁ。  何を言いたいのかさっぱりわからん!

 ライオールにMOFの人が一人いて、オーダーできるようですが、今度赤帽で、その人指定でオリジナルな赤いナイフでも注文しましょうか。

Posted by: サン.ルイ : 2005年07月23日 04:06

そういえば、先日、仕事で松山に行った時、鞄の奥の方にビクトリノックスのカード型のツールナイフを入れたままにしてたんですけど、空港ではなんのチェックもありませんでした。
東京に戻ってきてから、こちらが慌てた次第。
いい加減ですなあ。

Posted by: Luis : 2005年07月22日 15:40
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?