2005年02月21日

コーチマン・パラシュート

coachman.jpg

引き続き引っ越しのために荷物をチェック中にもかかわらず、受験勉強にとりかかる前に部屋の掃除を始めたところ昔の雑誌が出てきて思わず読み耽ってしまっている状態(苦笑) 現実逃避にはフライを巻くのが一番!

そこで、今日は主に孔雀の羽根をボディに使うコーチマンというフライを1本作ってみました。フック(釣針)に対して垂直に立っているものがパラシュートと呼ばれるものです。

このパラシュートは視認性にも優れているので、流れの早い渓流に最適ということです。これを左右対称に仕上げるのがなかなか至難の技なのですが、まぁ、なんとか出来ました。



投稿者 Matchplay : 2005年02月21日 00:00 | トラックバック
コメント

一般葉巻愛好家です。いつも楽しみに拝見しています。できればもっと頻繁に、普通に売ってるような葉巻談も混ぜて載せて頂けると嬉しいです。

Posted by: mauckland : 2005年03月08日 10:45

渓流ではウイングは派手でボディーはシンプルな物が
良いようです。解禁が待ちどうしいです。
その日の為の1本を何にしようか悩んでいます。
去年は水びだしになりだめにしてしまったので
今年はチューボに入った物にしようかな~

Posted by: tommy : 2005年02月25日 15:35
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?