2005年02月11日

マラブーで作ったフライ

全く葉巻と関係ない話なのですが......

fly.jpgこの5年間で5度目の引越しのために部屋を片付け始めています。引越しの片付けの度に見つけては捨てる決心が付かないままに次の新居に運ぶものが多数あります。例えばフライフィッシングの道具のうち、折れたロッドや錆だらけのリール類は前々回の引越しの時に処分したのですが、フライを作る材料と道具類は未だに付いて回っています。

そして、今日、前回由比ガ浜に引っ越した時に見つけて以来、ずっとダンボール箱にしまったままだったフライを作る道具(フライ・タイイング・ツールと言います)を発見しました。そこで、今日はお天気も良いので(?)主にマラブーを使ってフライを一本作って見ました。マラブーというのはフライを作る材料の名前で、本当はアフリカ産のコウノトリの一種らしいですが、実際に手に入るのは七面烏の羽毛をさまざまに染めたものです。私は自分が見て美しいフライが好きなので、つい、このようなオレンジとかの派手な色のマテリアルを使いますが、本当は魚が興味をひかなければ意味がないのですが(笑)

投稿者 Matchplay : 2005年02月11日 00:19 | トラックバック
コメント

派手なオレンジや蛍光色のマラブーは管理釣り場では
良く効きます。自作のフライで満足できる釣果の時、
釣り場での一服は堪えられません!
まさに至福の一服です。

Posted by: tommy : 2005年02月25日 15:20

 という訳でMatchplayさん、赤帽釣り大会は二名不参加ということで…。  しかしLuisさんも私もつり好きの人が聞いたら大喜びの出身地なのに…。  キューバ育ちの禁煙家と同じ…?

Posted by: サン.ルイ : 2005年02月15日 05:55

わたしも田舎育ちですが、父が釣りキチで、たまの休みにどこかに連れていってくれとせがむと、必ず釣りに付き合わされました。渓流釣りなんですが、渓流なんて、わたしらガキんちょの普段の遊び場。退屈で退屈で、もう家に帰ろうよといっても、父は川面に視線を向けているだけ。ゆえに、わたしは釣りが嫌いで、一度もしたことがありません。釣り糸なんか垂れなくても魚なんて捕れるのに、と思っておりました(笑)。

Posted by: Luis : 2005年02月14日 12:17

 私は田舎育ちですが( 関係ないのかな…)、どういう訳か魚釣りをしませんでした。 知床観光で魚釣りをしましたが、全くかかりませんでした。 鴎がうるさかったです。  こんな私は水族館向きです。

Posted by: サン.ルイ : 2005年02月14日 06:01
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?