2004年10月16日

Davidoff Limited Edition 2004

Especial7.jpg


ダビドフのLimited Edition 2004「Robusto Real Especial 7」を試しました。
サイズはコロナゴルダ位。

アロマは香ばしさのある軽妙な感じだが、鼻腔を通る残り香に存在感が。
このアロマの感じは悪くない。華やかな要素は無いが、非ハバナのアロマとしては好印象。

テイストはやはり香ばしいのだが、後口に舌の奥にえぐみを残す。
全体的には悪くは無いと思うが、ドミニカ節を感じ取り、若干つらい。

ドミニカへの「耐性」があり、「香ばしく適度に厚みがあり、しかも軽快に吸える物」にご興味のある方は一度試されては如何でしょうか。

また、ヘッドを鋏でカットしたその断面の「葉っぱの詰まり具合」の美しさに、目を見張るものがありました。

投稿者 ずこ : 2004年10月16日 11:04 | トラックバック
コメント

>初書き込みながら愚問で恐れいります。このリミテッドは10月16日には既に発売されていたのですか?

あら?
書き込みに気付いていませんでした。

外から買った物なので、国内での販売日と違っていると思います。

失礼しました。

Posted by: ずこ : 2005年05月29日 11:36

数ヶ月振りに引っ張り出して吸っています。

テイストの傾向は前回の印象と大差ありませんが、久し振りにダビドフを吸うと、灰の美しさ、吸い込みの絶妙な心地良さ・・・に唸ります。

灰はともかく、この「シルキーな(←何だそりゃ?)吸い込み」はハバナ物も見習ってくれないかなぁ・・・。

ハバナ葉を全部ダビドフの工場に出して巻いて貰えば良いのに・・・とも。
が、そうすると値段が更に上がるのでしょうね・・・。

ダビドフのレギュラー品は久しく吸っていませんが、こう言う素晴らしい吸い込みの葉巻を目の当たりにすると、「これぞ、リミテッドエディション!!」と納得しますね・・・。エディションリミターダはもっと真面目にやって欲しいなぁ・・・。

「この巻きでハバナだったらなぁ」と、ちょっとブルーになった日曜の昼。

Posted by: ずこ : 2005年05月29日 11:30

初書き込みながら愚問で恐れいります。このリミテッドは10月16日には既に発売されていたのですか?

Posted by: Toro : 2004年12月02日 01:35

本当に「巻き」は美しいです。

詰まっているのに、軽やかに吸えると言う・・・。

さあ、後は「味」です!(←問題発言?)

初代ミレニアムの感動が消えかけています。
どうしたのでしょうか?

Posted by: ずこ : 2004年10月18日 20:17

同じくグリフィンのDMに「あなたの20年前をお聞かせ下さい」ってのがあって、
ふと自分の20年前を考えると・・・哀れで、泣けてきました。
過去の自分を明るく語れる性格になりたい(苦笑)。

っと、本題。

本当にダビドフ美しいですね。旨そうです。
毎年のLimitad Edition、定番化の気配が?。

 AVOのCD付きってのもあったなぁ/Cusano

Posted by: Cusano : 2004年10月18日 13:35

そそ、ディスコパーティ(笑)。ここはマイアミかと目を疑いました。スノビズム一直線ですね、日本の葉巻業界って。

Posted by: Luis : 2004年10月17日 11:56

 BOX,素敵です。   そういえばグリフィンのSpecial Edition の案内がきておりました。  同じようなBOXと並べ方ですが、こちらはセロファンがないようで…値段で?でしょうか。( ディスコパーティには驚きましたが。)

 

Posted by: サン.ルイ : 2004年10月17日 06:47
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?