2004年06月06日

スコットランドからの贈り物

cigar 077.jpg先日Luisさんのスコットランド探検の収穫物頒布会がありました。先ずは東日本橋でコッテリとした鴨鍋を食し、金曜日の銀座に移動することになりました。今回収穫物を持ち込むためLuisさんの行きつけのバーにお世話になることになりました。収穫物はマッカラン1952年。彼が先日マッカランの蒸留所で手に入れてきたものです。
まずはストレートで。う~ん、普段飲んでいる12年とは全く別の飲み物ですよ!(当たりまえか)次に少量の水を加えて飲んでみると、また違った性格が見えてきました。う~ん恐るべしマッカラン!

投稿者 BIB : 2004年06月06日 23:08 | トラックバック
コメント

M師匠

写真の女性は某Bさんの婚約者・・・とか書いたら、殺されるのでしょうか??

Posted by: ずこ : 2004年06月09日 01:26

Luisさん

えーと、フランスの赤はとても手がまわりませんので、十数年位前から5大シャトー限定の「展開」になっております。

個人輸入した様な記憶がありますが、何処にあるかは実家を含めて探索しないと分かりません。
当時で二百ドル程度だったと思います。
カシスとしては破格の値段ですね。

カシスをシャンパンで割るのがあると思いますが、これをスティルワイン化した1960年代のクリュッグで割ったらどうなるか・・・等と夢想し、実現には至っていません。

Posted by: ずこ : 2004年06月09日 01:24

みなさん、いつの間に?!?!?!

ところで、写真の女性は誰ですか????

Posted by: matchplay : 2004年06月08日 22:47

ロートン・ムートシルトだって……アホですね。
しかし、ずこさん、なんで持ってるんですか?

Posted by: Luis : 2004年06月08日 13:06

ムートンのカシスは、もしかしたら私も持っているかも知れません。

Posted by: ずこ : 2004年06月07日 20:56

昨日、友人の誕生日パーティがあり、呼ばれて行ってきました
。想像していたより盛大なパーティで、出席者がおのおの自慢のワインやらなにやらを持ちこんでいたのですが、最後の最後に、シャトー・ロートン・ムートシルトのカシスなるものを頂きました。
シャトーの一族が自分たちで楽しむためだけに作っていたものを、市場向けに800本弱だけリリースしたもの。そのうちの10本が日本にあるんですねえ。
一口飲んでびっくり、二口飲んで天国。その時吸っていたのはグロリアクバーナのメダイユ2番だったのですが、もうちっと強い葉巻を持っていけばよかったかなと、少し後悔しました。
世の中、うまいものはいくらでもありますな。

Posted by: Luis : 2004年06月07日 15:40

この世にはおとろしいもんがあるもんだと、古樽の中を
泳いでいるシーラカンス(なんのこっちゃ)になった気分で堪能させていただきました。

銀座移動前に食べたあひ鴨鍋との相性も抜群でありました。

Luisさん、大変貴重なものと悦楽を分けていただき
本当にありがとうございました。

Posted by: RONNY : 2004年06月07日 09:33

49年物・・・だそうで、実に貴重な体験をさせて頂きました。

Posted by: ずこ : 2004年06月06日 23:45
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?