2004年02月26日

赤帽倶楽部肉肉ブラザース+1 プレゼンツPart3

cigar 017.jpg先日ずこさんの記事で予告した通り、中目黒のジンギスカンのお店「まえだや」に行ってまいりました。今回のメンバーはずこさん、私 & Luisさんです。本当は言いだしっぺのmatchplayさんももちろん参加の予定でしたが、仕事が多忙のため泣く泣く欠席となりました。今回の主題は食事ではなく先日の記事にもあったHPの箱に入った葉巻の開封式が主なのです。しかしこのメンバーが集まれば食事も大事なため、先日私が紹介した西麻布の店でステーキというリクエストもありましたが、Luisさんの「ジンギスカンが食べた~い」の大声に押されジンギスカンに決定となりました。しかし東京で私達はあまりジンギスカンを食べたことがなく、困っていたところラトゥールさんから幾つかのお店を紹介していただき、今回の「まえだや」に決定しました。

このお店は開店当初から何回かチャレンジしたのですが何時も予約で満席だったため、私も今回初めてです。お店は中目黒駅から数分の住宅街の中にあり、あまり目立たない存在です。元々は絶対ラーメン屋という店構えですが、居心地は最高です。注文はザーサイ、キャベツ&ニンニク味噌、ラムネギ網焼き、ラムロース網焼き、ジンギスカンです。ラムネギ網焼きとラムロース網焼きは名前の通りラム肉の「焼肉」状態です。網焼きを食べ終えると真打の登場です。七輪の上に乗せられていた網が外され、ジンギスカンのドーム状の鉄鍋が置かれました。始めにラムの脂で鍋を少し湿らせ、野菜を載せていきます。次にラムを鍋の頂上にガンガン載せ火が通るのを待ちます。ラムが焼けている間に煙はモウモウ、我々はよだれがダラダラです。肉に火が通ると我々は無言のままガッツキ、瞬く間に全ての皿を空にしてしまいました。肉も美味かったのですが、ラムの脂身をカリカリに焼いたのが、肉と同じぐらい美味しかったのにはビックリでした。言うまでもなく食後の葉巻は最高でしたよ。

投稿者 BIB : 2004年02月26日 23:05 | トラックバック
コメント

肉肉BB+1の(健啖な)力を親爺に見せつけてやって下さい。
ついでですが行者ニンニクもあるはず。
お三人ならイクラ丼、ウニ丼にも行き着けますよ。

Posted by: らとぅーる : 2004年03月01日 03:53

決戦の時は、わたしも是非!

Posted by: Luis : 2004年02月28日 12:10

↑それは、ここでは言えません・・・。

でも、戦うのです!

肉肉初の「出入り禁止」となるのか!?

Posted by: ずこ : 2004年02月28日 02:50

親父と「戦闘」ということは「中野」ですか?

Posted by: BIB : 2004年02月27日 20:03

とても美味しゅうございました。

美味しいし値段も安いので、何も不満はないはずなのですが、でも何かが足りない・・・気がしました。
らとぅーるさんにもメールでご連絡をしてしまったのですが・・・。

「羊肉は臭いがある」と言う話を元に、私の頭の中で勝手な「あるべき羊の肉」像が出来上がっていた様です。
ドーム型の鍋で焼くのも、羊の臭いのある脂を落とす為で、さらにその肉を「濃ゆい」タレの味で包んで胃に流し込む・・・と言う流れを想像してしまっていました。

ところが、こちらの肉は上品で美味なのです。
タレもさらりとしています。
こんなに美味い肉なら小口に切らないで「塊のまま暖炉で焼く」(笑)方が美味いに違いない・・・と、ふと思ってしまいました。

「もっと下品な店(笑?)は無いのでしょうか?」・・・この不躾な問い合わせに、らとぅーるさんは答えてくれました。

次は、店の親父と「戦闘」したいかと・・・。

Posted by: ずこ : 2004年02月27日 02:58
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?