2004年01月25日

Habanos SA's brand pyramid in trouble?

MVC-005F.JPEGWith credit to Luis-san, today I lit up my first Trinidad Coloniales. On a full stomach after eating a fatty cheese fondue. Perfect smoking condition.
Five minutes into the cigar I got really confused. Something with Habanos SA's brand pyramid is wrong. Habanos SA lists he Trinidad brand in the top of their brand hierarchy. Then I knew what is confusing me: I reached for a Guantanamera Compay, machine-made, short filler, a brand at the very bottom of the brand pyramid. Same basic flavor profile.
To avoid any misunderstandings, I am not taking about taste and personal preferences. It's just about the basic flavor profile.
Granted, with the Trinidad every flavor is a little bit more sophisticated, a tad more rounded, less harsh, but the flavor profile is surprisingly similar to the Guantanamera.
The Trinidad, and I take the word from the maker, is pure Vuelta Abajo tobacco. The Guantanamera on the other hand is made with tobacco from the lower ranked Remedios region.
I go out on the edge here, but this would indicate that the Remedios region is picking up on the way more famous Abajo. Or Abajo is loosing it.
Either way, on the brand pyramid the two cigars should be worlds apart.

この記事は赤帽倶楽部談話室に投稿されたものをsa氏の許諾のもとに転載したものです。

投稿者 Matchplay : 2004年01月25日 23:38 | トラックバック
コメント

Guantanameraを吸ったことがないのでなんとも言えませんが……いや、いろいろ勉強になります。
アバノスがなにを考えているのかとか、キューバ葉巻のヒエラルキーとか、旨い葉巻を吸いたいだけのわたしにはどうでもいいことなんですが(それが金額に跳ね返ると困りますが)、特別顧問の言葉には説得力があります。

確かにわたしの舌と鼻はTrinidadのReyesとcolonialesを旨いと感じるのですが、値段には困ります。となると、アバノスがなにを考えているかなんてどうでもいいとは言えなくなりますね。

最近、80年代のCohiba Lancerosを立て続けに吸って、なんでもいいから昔のこのCohibaの味わいを復活させてくれよ、と強く思った矢先なので、とりわけ、この記事は興味深く読ませていただきました。

Posted by: Luis : 2004年01月26日 00:57

むむ・・・。そうですか・・・。

話を逸らして申し訳ありませんが、現在流通しているフンダドレ自体「頂点」とは言えない様な気もします・・・。

斯く言う私は、トリニダードの新ビトラのうちの「reyes」に焦点を絞り、着々と買い貯めています・・・。

Posted by: ずこ : 2004年01月26日 00:06
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?