2004年01月18日

Fuente Fuente Opus X XXX

0118_ffx_xxx.jpg昨日からの雪が薄っすら残る由比ガ浜ですが、昨日の朝ほどの風もなく過ごし易い、とは言うものの寒いことは寒いです。しかし、いつものことながらマックスもミニーもメルも元気一杯、ヤル気満々です。
今日はXXX(と書いてX to the Third Powerと読むらしいです)、サイズ4 5/8×49を持ち出しました。マデュロと言っても良い位にツヤツヤのラッパーには本当にそそられます。この辺りはCigar Familyのコダワリの表れなのだと思います。こんな小さななりですがBelicosoという形状ですのでヘッドはフラットカットにしました。しっとりとした手ごたえで長崎の福砂屋のカステラを思い出すことは前にも書きましたが、それ以外の表現を思いつきません。
マックスたちのリードを外して点火をすると、これまた見事な燃え具合、この辺りまではこれまでと同じです。そして、フット一面が白くなったところで最初の一服......

いきなり花屋の中に連れて行かれた感じです。非常にストレートな花の香り、ノイズは一切感じません。うんうん、これは悪くないです。前の葉巻はメルの散歩のようにあちこち関係ないところへグルグル引っ張り回されているような感じだったとすると、これはA地点からB地点への最短距離を突っ走るミニーの散歩です。そうこうしているうちに折り返し地点の滑川に着く頃には終盤を迎えていました。約束通りの椎の実の風味、一瞬濃く出て直ぐに遠のきました......あぁ、まさにミニーの散歩でした(笑)

投稿者 Matchplay : 2004年01月18日 09:36 | トラックバック
コメント

kazuakitさん、
はじめまして、matchplayです。
キャンディーちゃんの写真見たいです!
談話室の方にでも投稿して頂ければと思いますが、如何でしょうか?
今後とも宜しくお願い致します。

Posted by: matchplay : 2004年01月19日 23:52

このシリーズは数本しか吸ったことがありませんが、一番印象に残っていことは「重い」です。吸った感じが重いのではなく、重量が重いのです。多分フィラーが凄く密になっているからだと思います。通常このような葉巻は吸い込みが悪く、最後まで吸えたものではないのですが、フエンテは最後まで気持ちよく吸いきりました。シガーファミリーの技術力に敬服した一本です。

Posted by: BIB : 2004年01月18日 15:12

Matchplayさん初めまして。葉巻歴3ヶ月のkazuakitと申します。
いつもサイト大変楽しく拝見させていただいております。今もパルタガスセリーD№4を堪能しながら書き込みさせていただいております。
ところで我が家にもミニチュアダックスがおり、(名前キャンディー♀9歳)年を考えてもう少し落ち着いてほしいのですが相変わらずやんちゃで手を焼いております。
葉巻にのめり込むにあたってはMatchplayさんのサイトで色々と勉強させていただきました。
全くの初心者ですがこれからもよろしくお願い申し上げます。

Posted by: kazuakit : 2004年01月18日 15:09

XXXと書かれているとよからぬ映画のレイティングを想像してしまう私でした(汗)
しかし粋な読み方ですね。

Posted by: BIB : 2004年01月18日 09:49
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?