2004年01月02日

AVO22 from 野村たばこ店

0102_avo22.jpg2003年末時点で野村たばこ店ではAVO22が単品で購入できました。年末にお邪魔した時に手に入れました。お店の方によれば「1年くらい寝かせたらもっと旨くなりますよ」ということでしたが、昨年の夏に入手して四年を経たDavidoff Annivesario Asitaで痛い思いをしたことがトラウマになっていることもあって期待することなく散歩のお供に連れ出しました。
見ての通りのほっそりしたペルフェクトのシェイプはDavidoff Milennium III Perfecto Coronaを彷彿とさせますが、ラッパーの見かけはこちらの方が色は薄いものの良くシーズニングされているような印象です。ハサミを使ってフラットにカットしたところ切り口もきれいであり、シーズニングされたような見かけとは異なり状態は最良のようで、期待が持てそうです。昨日と同じくマックスたちのリードを取ったところでいよいよ点火です。

点火直後は煙の量も少なくドミニカ産にありがちな青くいがらっぽい味が口の中に広がりました。ありゃ、これは失敗したかなと思いながら、どう見ても別れ話の愁嘆場と伺える不倫っぽいカップルの脇をすり抜けて(ゴミを避けながら歩くと、どうしてもそのカップルの脇を通らざるを得なかったのです)折り返し地点の滑川に到着です。
そうか、特別顧問の「フツーの葉巻です」というのはこういう意味だったのかなぁ、としみじみ実感したところ、奇跡は折り返し地点を過ぎて訪れました。半分を過ぎたところで突然弾ける落花生の風味、時間と共に強くなるどころか煙の量も増えてきました。あれ?これはハバナ?!と錯覚をするくらいに濃厚な風味が広がり始めました。そして、それは最後の最後までキッチリと続きました。
穿った見方をすれば前半にガッカリしていた分だけ後半の反動が大きく必要以上に感動したのではないか、と思えなくもありません......そうか!前半のマイナスと後半のプラスでプラスマイナスゼロ、特別顧問の言った「フツーの葉巻です」というのはこういう意味だったのだと改めて思いました。

* 下記のTrackBackという項目をクリックしてください。この記事にリンクされている記事の概要一覧が表示されます。

投稿者 Matchplay : 2004年01月02日 23:55 | トラックバック
コメント

はじめまして。来月からシガーバーをオープンする予定なのですが、葉巻を購入するのには、どのようにしたら良いのでしょうか。伝票売りや掛け率など教えて頂きたいと思います。又、購入の際一度うかがって、いろいろ御指導して頂けますか。

Posted by: k.yグループ : 2005年11月21日 09:05
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?