2003年11月19日

Davidoff Limited Edition 2003

1119_davidoff2003.jpgDavidoff Limited Edition 2003 «Vintage 2000» Panatela Extra、見た感じ適度にシーズニングが進むも軽快な印象を受け、何となくAVO22を連想しました。
点火直後はDavidoffにありがちな「長い間水に漬かって腐敗寸前の枯葉を燃やしたような匂い」、途中から「落ち葉を焚いているところに少し湿り気の残った花びらを投げ込むとこんな匂いかな」というものに変わり始めました。
徐々に焚き火の中の花びらの比率が上がる感じです。そして、残り1/3を過ぎて全く異なるイメージが湧いてきました。いろいろ言葉を捜したところ......「江の島で食べた生シラスの残り香」あるいは「畳鰯を食べた後にジャスミン茶を飲んだ後の感じ」というものです(笑) 明らかに植物性ではなく、かと言って動物性でもない、少し香ばしいけどアッサリとした印象でこれ以外の表現を思いつきませんでした(笑)
以前にDavidoffの葉巻は白ワインに例えられるという話を聞き全くその通りだと思いました。そして、この葉巻は茶化す訳では在りませんが、熟成に耐える白ワインのような葉巻という意味でスペシャルなのかも知れません。


投稿者 Matchplay : 2003年11月19日 23:27
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?