正直堂  □ 使い方  □ 新着記事   □ 一覧表示  □ 検索  □ 過去ログ
[ 最新記事をトピックトップへ ]
トピック内容表示

    [24] 24. 葉巻とそれぞれの熟成期間-

    ■親トピック / 記事引用

    □投稿者/ T&M
    □投稿日/ 2000/10/15(Sun) 23:08:12
    □URL/ http://www.cgarsltd.co.uk/

      質問:
      これまでにこのコーナーで触れられていない、いずれも人気のある葉巻についてお尋ねします。下記の葉巻の感想と「吸える様になる」に要する年数と「熟成のピーク」となる年数も教えて下さい。 
      Punch           Churchill、Punch Punch
      Cohiba           Esplendidos、Corona Especial
      Partagas          Lusitanias、8-9/-8 Varnishied
      Montecristo        No.4、A
      Bolivar          Belicoso Finos、Corona Gigantes
      Cuaba           Divinos、Exclusivos
      Diplomaticos        No.2、No.5
      El Rey del Mundo     Taino、Grandes de Espania
      H. Upmann          Sir Winstons、No.2
      Hoyo de Monterrey     Churchill、Epicure No.1
      Juan Lopez         Super Selection No.2
      La Gloria Cubana      Medaille d’Or No.2、Tainos
      Trinidad          Fundadores
      かなりな数だとは承知していますが、他の掲示板で日常的に話題となる葉巻の多くを含んでおり、あなたの意見を大変尊重する者として、これらの葉巻を最大限愉しむためにはどれだけ寝かせれば良いのかお伺いする次第です。

      回答:
      何と、本当に感想を述べるには沢山の葉巻ですね。
      まず、予め理解して頂きたいことは、例えそれらの葉巻が同じ生産ロットからの葉巻であったとしても一本一本が違うと言うことです。単なる一般論としして葉巻の「吸える様になる」に要する年数と「熟成のピーク」となる年数について意見を述べることはそのビンテージ(収穫年)に触れることなくボルドーの頂点に位置するワインについて語るのと同じように間違っています。一般的に入手しやすい良く出回っている葉巻であればある程、品質は不均一です。

      ここで「熟成のピーク」となる年数として例示したものは(Montecristo No.2、Cohiba Robustoss等)は私が実際に購入したものであり、それぞれの葉巻に対して一般的に指しているものではありません。

      以前に私の「トップ5」をご紹介した時も、品質にバラ付きがないことを絶対条件にしましたが、私の意見を参考にした皆様が買われるものが、かつて存在したようなものと違っているのではないかと心配しました。そのために、残念なことですが、私が今までに吸ったなかでも申し分ないと思われる葉巻を随分除外しなければなりませんでした。

      私にとって葉巻の「吸える様になる」に要する年数とは葉巻の不快な味(主に醗酵不足と若いタンニンのような味)が我慢出来るようになった時です。葉巻は工場から100%醗酵せず出荷されます。これは醗酵により熟成に必要な原料が生成され続けるため意図的にそうされているのです。

      葉巻が何時「熟成のピーク」に達するか?個人的には、それを好ましい薫りと味の生成と減少が「完璧」な段階に達した正にその時と定義します。これは言うまでもなく極めて個人的な嗜好の問題で、要する時間も箱の形態、保管環境とそれから勿論その箱毎により異なります。

      あなたをガッカリさせないよう、またその他読者の皆様のために過去の経験に基づきそれぞれの葉巻についてご説明しましょう。

      そして、いくつか最近のものを購入しましたので(Nurse:訳注 香港のCigar Club)それらを試しましたら一般的な評価とは別に個別のコメントをさせて頂きます。これは時間が掛かることですが一、二週間で答えが出せれば良いと願っています。出来るだけ真剣に取り組もうと思っています。

      購入した葉巻は下記の通りです。
      * これらは私の好きな葉巻であり、時々熟成用の箱を選別するため新しいものを吸っていて良く知っているため、今回は敢えて買っていません。
      ** また、いくつかは私の好きな葉巻で良く知っていますが品質が不均一であることが珍しくないので念のため最近のものを購入しました。
      また、私の好きな葉巻との断りがないからといって必ずしも悪いと申し上げるつもりはありません。
      それから、日付コードについてはC.GARS LtdやCigar Aficionadoのサイトをご参照ください。

      Punch Churchills : (化粧箱) OSNU-O-TLP-03 (Cabinets) FPG OSNU (私の好きな葉巻きではありませんがNurseの特売で98年製しか売っていません)
      Punch Punch :(化粧箱*) (Cabinets*)
      Cohiba Esplendidos :ECA MAY00
      Cohiba Corona Especiales :CLE 00
      Diplomaticos No.2 :ARA MAY00
      Diplomaticos No.5** :LOME ABR00
      Partagas Lusitanias :(化粧箱) CLO EU00 (Cabinets*)
      Partagas 898 Varnished*
      Montecristo No.4 ** :SCO ES00
      Montecristo A :既に他の質問で意見を述べさせて頂いています
      Bolivar Belicoso Finos :(化粧箱) PEL E000 (Cabinets**) OSU MAY00
      Bolivar Corona Gigantes :(化粧箱) OSO ES00 (Cabinets*)
      Cuaba Divinos :PEL LE00
      Cuaba Exclusivos :PEL E000
      El Rey del Mundo Tainos :OSU MA00
      El Rey Rey del Mundo Grande de Espana :入手で来ませんでしたが99年製を持っています。
      H. Upmann Sir Winstons*
      H. Upmann No.2 :ECA MAY00
      Hoyo Churchills :入手で来ませんでしたが98年製を持っています。
      Hoyo Epicure No.1*
      Juan Lopez No 1*
      Juan Lopez No.2 :TEN CCLL
      La Gloria Medaille d’Or No.2*
      La Gloria Tainos :OSU MA00
      Trinidad Fundadores :CLE EA00

      いろいろな葉巻の熟成の特徴やさまざまな風味の熟成中の変化の経験に基づいて判断されるようにご自身で試されると良いでしょう。難しいことではありませんが、楽して覚える方法もありません。個別の葉巻の議論をする時にそのためのヒントを差し上げられれば良いと願っています。

      一度その方法を知ると同意出来ない多くの意見があることに気が付くことでしょう(当然私のも含めて)、そして何より様々な葉巻の中から最も熟成に適した「とっておきの葉巻」を探し当てられるようになるでしょう。



このトピック内容の全ページ数 / [0]