正直堂  □ 使い方  □ 新着記事   □ 一覧表示  □ 検索  □ 過去ログ
[ 最新記事をトピックトップへ ]
トピック内容表示

    [11] 11. SalomonとDiadema-

    ■親トピック / 記事引用

    □投稿者/ T&M
    □投稿日/ 2000/10/11(Wed) 22:16:30
    □URL/ http://www.cgarsltd.co.uk/

      質問:
      現在、SalomonesやDiademasはキューバで生産されているのでしょうか?“Casa del Habanos Partagas”という見なれないバンドをしたものを最近見せられました。偽物ではないと思います。キューバの葉巻職人が巻いたけれども工場生産品でないのかもしれません。どう思われますか?

      回答:
      SalomonesとDiademasは一般販売用には生産されていません。Cuaba Distinguidos Millenium Jarは多分Salomonesだと思いますが、絶対の自信はありません。Salomonesは革命前からサイズですが、生産中止となっています。しかし、情報不足の為このサイズの正確な寸法は判りません。

      写真右よりCuaba Distinguido、SalamonII、Slamon I


      違う二つの箱からそれぞれ一本ずつのCasa Partagas。バンドの違いに注目。箱は残念ながら亀の甲で飾られていて私はそれを美しい思うより醜く思いますのでお見せしたくありません。Montecristo Aを比較のため横に置きました。

      1995年と1996年に、ドイツの葉巻業者のためにPartagas工場で作られたSalamons Limited Edition Humidorsには2種類ありました。また、1999年12月のChristie’sのオークションで売られた一回限りのHoyo de Monterrey Monterreyes(Diademaサイズ)55本いりの限定生産ヒュミドールがありました。私はまた、1998年12月にインターネット上の小売業者のサイトで一本入りの木箱に入ったPunch Diademaの特製レプリカが一本US$200で50本あるというのを見かけたことがあります。問い合わせをした時には売り切れとのことで、私が知っているのはそれだけです。

      Casa del Habanos Partagasというのは聞いたことがありませんが、それだけで偽物と言うことは出来ません。今までに無数の変わった特別限定品が作られておりそれら全てを知ることは不可能だと思います。

      週末を費やして、ドイツの業者のために作られたというSalomon I とSalomon IIをCuaba Distinguidosと比較してみました。Salamonは長さが1インチ長く両端のテーパーが対称です。Cuabaはフットの方が太くテーパーも急です。前言撤回、Distinguidos*はSalomonではありません。(*編集者注釈:Distinguidosの規格はRomeoという説が浮上中)

      それと興味深いのは両方とも多くの生産中止品を復刻して集めた2,000本の葉巻入りのSiglo XXI ヒュミドールに含まれていることです。生産中止となったものは全て生産vitola番号が記されています。しかしSalomonsとDistinguidosの場合は番号が洩れています。 これは双方とも生産vitolaではないことを意味しています。

      この機会に読者の皆様に予め情報に誤りがあるかも知れないことご了承頂きたく思います。質問にはなるべく早くお答えしたいのですが私の葉巻の在庫の整理が悪く、調べものをするのに時間がかかるのです。



このトピック内容の全ページ数 / [0]